a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

2月 2019

容量256Gから上げたい! 今使っているSSDはSamsungのSM961ですが、以前はまだ高くて容量256ギガにしたんですけど、いろんな更新おとしてると空き容量がなくなって厳しい状態で使ってましたので、容量あげのために買い替えようと思いました。 容量上がればいいだけなのですが一応スペック的にPCがいろいろ速いのでそれなりのを思って、ゲーム用途にはWD BLACKだとどのレビューでも以前から書かれているのを知ってたので、それでいいのかなと思ったんですけど、 ネット上では500Gだけ売り切れ。これって最近第3世代出たようで、以前のも売っててなんだか複雑ですけど、またSamsungでいいと思って買いに行ってみると、実際のお店では普通にWD BLACK売られてましたw SSDはベンチマークの差を人が感じることはないと思ってるので変化は求めてませんが、SM961買ったときに960 Evoって256でも2万4千円くらいした気がするんですけど、今は500Gでも1万5千円ちょっとと、非常にお安くなってます。   WD

やはり不安定な固定クロック化 GPUクロック2100MHzで3日ほど普通にブレソしてました。ところが突然フリーズ、グラフィック設定3のすごく軽い状態にゲーム側してたのにです。 よく考えたらAFTERBURNERでクロック固定にすると勝手に電圧も固定になるので、それ超えるとだめなんでしょうか。よくわかりませんが落ちていい状況でない限りこの方法は使えなさそうなのでした。   可変はGPU BOOST機能 通常の設定で勝手にころころクロック変わるのはNVIDIA GPUに昔から搭載されているGPU Boostという機能のふるまいということでした。この機能は2000シリーズで4.0として第二温度設定できるとあり、使い方のわからない例の画面でできるということで、操作方法載ってないけどあちこちいじると右端に動く点が4つくらい重なってることに気づきました。 非常に面倒ですが、頑張ればこんな感じにできます。 ところがTEMP

今回の冬イベントで4回目の四季イベント、やっと年間達成実績が取れるこの日がきたのです(*´ω`*) 長かった・・・ といっても終わるかどうかわかんなかったんですけど、1年通してやってるのは剣術士だけなので優先してデイチャレやる程度でなんとか普通に終えました。 ただ2種類の札をそれぞれ30個集めないといけないんですけど、これがイベント報酬の福袋から結果的にランダムで出るもので必ず出ないので非常に偏るし、そもそも数が足りなくなります。 ひとつは30そろったけどもう一つはコイン100枚で最終的な札交換しました。このコインが救済になってるのかもだけど、これもそうそうそろわないような。   得られる服と装飾を実際に装着しないとだめらしいことに気づいたけど、今回この画面が新規に追加なってるのでそれを利用するようです。着ても実績でないからびっくりしたけどこっちでした。 年間実績達成するとタイトル祭りの巨匠と、抗魔攻撃力20ゲット。 でもイベント始まった1年前は攻撃力20って言ってたような気も。 これなんなのかわからなかったけど、ボスにだけ加算される攻撃力だそうです。いつのまにこんなめんどいパラメータできたの。。。 タイトルはこれだけ黄色になるみたい。   と、優先的にしてたキャラはいいけど、たまにデイチャレできないキャラとかどうなるのかですけど、たいていログイン報酬を使うことで達成できるけど、今回あんまりなくて厳しかったです。多いとき10ページくらいなるのに4ページしかなくて、自分が忙しかったからなのかな。 4キャラ中、剛剣士だけどっちも22枚で足りず、冬イベント達成できませんでした。でも拳闘士も銃士ちゃんもなんとか達成。 冬イベントの服自体はこれだけど、評判悪いみたいだけど銃士ちゃんはすごいにあってますw しかも銃士ちゃんだけ特別な精気っていうのが出て、クリダメのってるのがいっぱい取れて、アクセに伝授しました。 SSとってなかったけどこれが当たりの精気だけど、これの特別版。 でも伝授するときに専用の花が3個も必要で、 これが帰魂石かコイン使うんだよね・・・ 結構帰魂石必要でがっかりだけど、クリダメつくしがんばって伝授しました。   と、なんとか終わったけど、やっぱりかなりの方が30個そろわなくて、1個でも足りないともう達成できないからかなり大変な状況みたいでした。わたしも剛剣士無理だったし。 これは相当デイチャレ行ってないとだめってバランスだったからと思います。昔から言ってるけどイベントID行くだけでよかった形式からデイチャレも最低でもいかないとってなってからこうなりがちです。イベントIDだけでなんとかしてほしいな。   1年前から始まった季節ごと4回イベントなので途中から始めた方は絶対年間実績達成できないし、計算間違ったり運が悪かったり忙しかったりするとそろわないこともあるはずで、冬だけとってもどうもならないまま終了なのですが、これって救済措置あとからできたりしないのかと思うのと、あるいは2年目も同じ実績で始まるとかないのかなと思ったりしたんですけど、結局残念ながら1回でも達成できなかったら無理だから今回限りなんでしょうか。 1年前の攻撃力20は大きいと思ったけど、今やなんだかんだでみんな上がってるからありがたみは薄れてます。 狙ってて取れなかった方は悔しくてしょうがないと思うんですけど、そんないろんな思いと関係なく1年続いたイベントは終わったのでした。 またあるのかな。。。もういいですw   この複数キャラがんばるっていうことを考えると、LV60開放後と思うけど韓国で義侠団っていうしくみ実装されてて、複数キャラでデイチャレとかIDいくとアカウント単位でいろいろ強くなるっていうのがそのうち来るはずです。 これもいっぱいのキャラで毎日ID行ける人優遇だから、私みたいに突出したキャラいないけど数こなしてるって方にとって最初はいいことと思ったけど、そうでもなさそうな気がするのでした。   むブログ様情報: 「義侠団」 システム登場!アカウント内キャラクターを同時に成長管理 https://bns.mutukina.net/archives/2018/12/06210006.html    

いつもしてるMMOブレイドアンドソウル(以下ブレソ)でいろいろ設定していろんなことしてみました。今まで使ってたMSI 1080Ti GamingXのSLIとの比較もしてみます。   ブレソの大人数IDではクロックは上がらない このお話、LIGHTINGと関係ないけどまず大人数IDをとおもって12人IDの火龍いってみると、SCANNER設定の1350~2010MHz自動設定ではなんと1350MHzのままでした。いつもグラフィック設定は全体設定3ですがグラフィック設定を最大の5にするとたまに上がる程度で傾向は変わりません。 FPSは全体設定5の最高設定だとFPS30台~55程度です。   たいていこのような感じなのでしょうがないけど、ほかの人のキャラを消すとFPS上がるのでたいていそうしてて、やってみると全体設定3+戦闘時オプションでFPS100くらいにはなります。 でも1080TiSLIでもそのくらいのような気がして、80代かな。あまりはっきりした違いはありません。   すごく気になるのはなぜGPUクロックがベースクロック付近から上がらないのかですが、 以前1080TiSLIにしたときもGPU使用率が非常に低くて困ってました。 大人数IDは非常に重いのにGPUクロック上がらないのはその経験を踏まえると、単純にFPSが低ければGPUのお仕事はそんなにないということだと思います。SLIの場合GPU使用率が上がるときは必ずFPSが高いときでした。 こういうことをCPUボトルネックと表現されることを最近よく聞きます。これはCPUが同じならそれ以外どう変えても上がらない状況と思いますが、MMOの場合実際にはゲームプログラム上他の人との同期処理が常に走ってるのでそれによる制限もあると思います。 もとからそういう制限あるならグラボ速くても差は出ないということだと思います。   ソロIDで1080TiSLIと比較 私のひそかな楽しみは、ソロIDを最高グラフィック設定でやってるとこを録画して、あとから見ることなのですが(*'ω'*) なのでそういう動画はいっぱいとってきてます。それを見て比較したいと思ったのですが、 まず最新のソロIDである神器修練場は全体最高設定5にしてもGPUクロックが1350MHzからなかなか上がらないということになってて比較の意味があまりなく、FPSも基本高くて差があまりなかったのですが、どうやらその一つ前のソロID投影の寺院が何もしてなくてもなぜか重かったのは知ってたんですけど、新しいところはそれを改善してるようです。 なので比較対象として重いソロIDの投影の寺院を見てみることにしました。 全体最高設定5、アンチエリアスなし、7700KのCPUクロックは4.9MHz~5.1MHzです。 1080TiSLI時はまず立ってるだけでFPS107でした。これがもう変なんですけど、2080Ti LIGHTNINGでは120になりました。すごい! 2080TiLIGHTNINGはAFTERBURNERの機能で右上に緑字でクロックなど表示してます。 最初のうちなぜか重いポイントあって、そこで比較すると、 1080TiSLI

NVIDIA scanner機能をafterburner上で使うことでクロック2010MHzになりましたが、勝手にそうなったのと、たまに1995MHzとかになりますし、そもそも負荷がかからないとそこまで上がらず、大抵1350MHzだったりしててあまり笑顔になれません(T_T) この負荷がかからないと上がらないのは何というどこの機能なんでしょうか。高くて速いグラボを買ってもそうはなりません状態で正直不満です。実際いつもしてるブレイドアンドソウルしてみると、クロックが1350MHzの時にFPSが妙に落ちてました。ずっと上げてればそうはならないのではという素人考えが浮かびます。 それで、CPUをOCする場合はクロック固定が基本なので、GPUでも絶対それあるはずと海外のネット検索してるとそれらしいものがありました。   AFTERBURNERでGPUクロック固定化 左上のOC虫眼鏡ボタンは最近ついたと思いますが、そこにない時代?でもctrl +fのショートカットキーは存在してたらしく、クロックカーブ画面が出ます。 グラフ上の任意の箇所をひたすらクリックしてると反転選択状態になり、各軸に数値が出ます。 ここでctrl +Lを押すとその場所を選択したことになり、黄色のラインが出ます。おそらくLはロックの意味です。忘れずにいつものAPPLYボタンを押すと、その選択したクロックと電圧で固定化されるようです。やっぱりこの機能あったんだなと一安心。 ただし、グラフで選択した数値と実際に選択される数値には大きく開きがあります。理由は不明です。 重要なのはcore

2080Ti LIGHTNING購入まで 私はMSIさんのグラボである1080Tiを2枚使ったSLIにしてるため、当分グラボを買うことはないと思ってました。 ところが最近のWindows UpdateでSLIにしていると動画再生するだけで完全にフリーズし、ブラウザの表示も破壊されるという現象が発生し、そのうち治るといういつものパターンと思ってたのですが、なんどWindows更新してもグラフィックドライバ更新してもまったく改善しませんでした。 1つグラボをNVIDIAコントロールパネルでOFFにしてもドライバ更新するとまたかってにSLIにもどってフリーズしてたりして、一つ装着はずそうかと思ったけどSLI前提で買った小さめのファン2個の特に速くもないモデルなので1枚ではものたりず、そう思っているときにまた耳に入ったMSI 2080Ti