a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

Epica's blade and soul diary

世界最速 MSI GeForce RTX 2080Ti LIGHTNING Z 購入レビュー #4 ブレソで1080Ti SLIと比較☆

いつもしてるMMOブレイドアンドソウル(以下ブレソ)でいろいろ設定していろんなことしてみました。今まで使ってたMSI 1080Ti GamingXのSLIとの比較もしてみます。

 

ブレソの大人数IDではクロックは上がらない

このお話、LIGHTINGと関係ないけどまず大人数IDをとおもって12人IDの火龍いってみると、SCANNER設定の1350~2010MHz自動設定ではなんと1350MHzのままでした。いつもグラフィック設定は全体設定3ですがグラフィック設定を最大の5にするとたまに上がる程度で傾向は変わりません。

FPSは全体設定5の最高設定だとFPS30台~55程度です。

 

たいていこのような感じなのでしょうがないけど、ほかの人のキャラを消すとFPS上がるのでたいていそうしてて、やってみると全体設定3+戦闘時オプションでFPS100くらいにはなります。

でも1080TiSLIでもそのくらいのような気がして、80代かな。あまりはっきりした違いはありません。

 

すごく気になるのはなぜGPUクロックがベースクロック付近から上がらないのかですが、

以前1080TiSLIにしたときもGPU使用率が非常に低くて困ってました。

大人数IDは非常に重いのにGPUクロック上がらないのはその経験を踏まえると、単純にFPSが低ければGPUのお仕事はそんなにないということだと思います。SLIの場合GPU使用率が上がるときは必ずFPSが高いときでした。

こういうことをCPUボトルネックと表現されることを最近よく聞きます。これはCPUが同じならそれ以外どう変えても上がらない状況と思いますが、MMOの場合実際にはゲームプログラム上他の人との同期処理が常に走ってるのでそれによる制限もあると思います。

もとからそういう制限あるならグラボ速くても差は出ないということだと思います。

 

ソロIDで1080TiSLIと比較

私のひそかな楽しみは、ソロIDを最高グラフィック設定でやってるとこを録画して、あとから見ることなのですが(*’ω’*)

なのでそういう動画はいっぱいとってきてます。それを見て比較したいと思ったのですが、

まず最新のソロIDである神器修練場は全体最高設定5にしてもGPUクロックが1350MHzからなかなか上がらないということになってて比較の意味があまりなく、FPSも基本高くて差があまりなかったのですが、どうやらその一つ前のソロID投影の寺院が何もしてなくてもなぜか重かったのは知ってたんですけど、新しいところはそれを改善してるようです。

なので比較対象として重いソロIDの投影の寺院を見てみることにしました。

全体最高設定5、アンチエリアスなし、7700KのCPUクロックは4.9MHz~5.1MHzです。

1080TiSLI時はまず立ってるだけでFPS107でした。これがもう変なんですけど、2080Ti LIGHTNINGでは120になりました。すごい!

2080TiLIGHTNINGはAFTERBURNERの機能で右上に緑字でクロックなど表示してます。

最初のうちなぜか重いポイントあって、そこで比較すると、

1080TiSLI はFPS80くらい、

 

2080TiLIGHTNINGで同じくらいだけどFPS84、

 

さらに2080TiLIGHTNINGでアンチエリアスONにしてFPS84、

ここはなぜか重いポイントなのでそこでは目立って変わりませんが、それ以外では2080TiLIGHTNINGが結構速いです。

 

1080TiSLIでFPS87、基本だいたいこんな感じです。

 

2080TiLIGHTNINGでFPS115、115って通してよくそうなるけど事実上上限みたいなことなのかも。ということで相当速いです。

今まで長年やってきていつも最高設定5でソロIDしようとしてきましたが、立ってる状態でソサヤンサのとこも88FPSとかでやる気なくなる状態でしたが、やっと最高の状況になりました。

1080TiSLIにして若干早くなったけど、AFTERBURNER設定してないといえGPUクロック1985MHzほどに上がってました。OCの差もそんなになくてもこんなに変わるのはGPUとかの差と思います。

 

といってもPTでいくIDを最高設定5にしたらイベントIDでもFPS40とかで重いです。

気休め程度でしょうか・・・でも細かいところこだわらないと上目指せないしこれはこれでいいのかな。

 

DLSSは対応したゲームが必要

今回LIGHTNING買うにあたって、私は最新のゲームしないので、RTXでの最大の売りであるレイトレーシング機能を使うことはないと思ってましたが、アンチエリアスDLSSは使えるんだろうと思ってました。

それは著名なレビューに人工知能用のコアが追加されても対応してないゲームは関係ないので、DLSSというアンチエリアスにそれを使うことで既存のゲームでも恩恵を~という説明を見た気がしたので、ブレソのアンチエリアス設定つかったら勝手にハードウェアアクセラレーション効いて速くなるんだと思ってたのですが、

先日3DMARKのベンチマークの最新のものにDLSSを測ると書いてあったとこで知ったのは、この機能、ゲームが対応してないと使えないってことでしたwなーんなの(-_-;)

なので最初AA付でやってたけどそれ知ってから解除してます( ノД`)

 

統合IDめちゃ速い

あまり最近PTでID行くことなかったけど、LIGHTNINGして初めて統合ID行ってみたら、

入るの常に最初で誰もいない(ーー;)

 

しかもDPS50万程度の拳闘士ちゃんがなぜか100万超えしました(・。・;

GPUクロック設定デフォルトでそんなあがってないけど、こんなこと今までなかったのでグラボ速いとなにかかわるんでしょうか??

 

 

最後にLIGHTNINGまとめしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Add Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。