a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

ゲーミングデバイス Tag

  今も使ってるゲーミングキーボードSteelseries APEX M800のことを書いた時、2017年前半の段階で光学スイッチのキーボードでるらしいよって書きましたが、いつものように大手から出ることなく、とはいえやっと国内販売されました。買い替える理由は特にないけど過去に書いたこともあるし興味もあったのでとりあえず買ってみることにしました。   TESOROさんの製品情報ページ: http://tesorotec.com/project/jp_gram_se_spectrum/   非常に入手は困難ですが、一応買えました。 赤軸と青軸モデルあるそうですがどうやら日本語キーの国内モデルは青軸しかないらしいです。 ゲーミングキーボードってシェアのほとんどすべてが赤軸系なのにどうしてなの(;´・ω・)   しかし!このGram SE

今年の夏のお話になっちゃうんですけど、 SteelseriesのSENSEI Wirelessをずっと使っていて、以前書いた通りマウススイッチとボタンの距離がおそらく世界一短いためダイレクト感が高く気に入ってましたが、マウスボタンの戻りが結構お疲れになって来たみたいで、押したつもりないのにボスに突っ込む頻度が増えてきました(-_-;) そろそろ新しいものをと探すとSteelseriesさんからはフラッグシップ級のものが出てなくて、代わりに価格安いシリーズのRivalの種類が充実してて、そのフラッグシップ機としてRival700がありました。 https://jp.steelseries.com/gaming-mice/rival-700 このモデルの売りは横に光る有機EL液晶がついてていろいろできるとか、センサーとかを交換できるカスタマイズ性ですけど、私のやってるブレイドアンドソウルは対応してないので純粋なマウス機能しか使えないし、フラッグシップなのに光学センサーだけど、とりあえず買ってみました。 形は左右非対称なせいかかっこいいとは思えないけどw質感は高く、そして昨今流行りのボタンセパレートタイプらしくボタン表面が繋がってないんだけど、私が知る限りセパレートタイプのマウスは1社も無く、つぶれちゃったMADCATZくらいですが、MADCATZのはボタンが前後左右にフラフラしててよくなかったけど、このRival700は動きません。 おそらく裏で繋がってて結局セパレートじゃないのかなと思いますが、結構いいかんじなのでした。 横の光る有機EL液晶は使わないとはいえこんな感じで、 制御ソフトから画像変えることもできるみたい。 あとSteelseriesのソフトアップデートしたらマウスのプロファイル切り替えをM800からできるみたい。 よく書かれてるように非常に重いし、交換パーツはお店に置いてないし特に書くことないんですけど、とんでもないポイントが1つあって、それを書くためだけにこの記事起こしたのです。 それは、SENSEI Wirelessと同じDPI16000センサーですが、SENSEIはレーザーセンサーでこっちは光学センサーなのに、めっちゃスムーズで速いです。触ってすぐきづきました。 私は高DPIでちょっと動かすだけで画面全体をフォローする使い方をしてるため、自然とフラッグシップのマウスばかり買ってきましたが、数年前にDPI16000に到達したそれは各社レーザーセンサーだったから、レーザーすごいと思ってました。 ですが過去のSteelseriesの4Gamerさんのインタビュー記事にありましたが、特にレーザーセンサーが優れてるという事実は無く、表面つるつるだと光学式は読めないからそれができるためにレーザーを使ったと、一部のプロゲーマーの要望でそうしたって記事があったけど、机削れるよねwほんとかどうかと思ったけど、近年ついに光学式センサーが見た目の性能でも追いついたということだと思います。 それでもレーザーがいいと思ってたらこの差です。一体なぜこんなに。。。 RazerのDPI16000レーザーマウスは白い何かとHEX v2を持ってますが、同じDPI16000のSENSEI

K70 RGB RAPIDFIREが故障したので、高速入力対応のキーボードをまた探したのですが、RAPIDFIREの経験を活かすとちょっと違いますレベルではあまり変化がないので、もっと根本的に違うものと思ってると、キー自体が潰れているAPEX M800を思い出したのでした。 そもそも最初にこのブログにゲーミングキーボードのことを書いたのはこのM800発売のニュースを見てのものだったのですが、今や2年前のキーボードでちょっと考えたけど、またこれも縁かなと思って買いましたw キー自体の高さが短いので必然的に高速入力になるという物理的な仕組みで、スイッチはSteelSeries独自のQS1、キーの中心にLEDが埋まっている構造で、このLEDがセンターにあるものはLogicool

ロジクールのゲーミングキーボードのG910をちょうど一年使ってますが、最初に書いた通りMCしやすいまま今もへたることなく来てますが(マクロキーはなぜかすべて死亡)、やっぱり未だに通常の文章打つときに隣のキーをあなた押しましたね攻撃は止まることなく、誤字の荒らしなのです(>_<) キーが大きく、さらにエッジがそびえ立つ世界唯一のキートップのためこうなるけど、性能いいのもまたこのキートップのおかげです。 でも普段使いできないのは困るのと、これに慣れすぎると他の普通のキーの形のゲーミングキーボードを使うことになった時、下手になったりしかねないかなって思ったり、 あとシャリシャリします。これRomerGが箱型スイッチのため仕様みたいなものなんだけど、板とかガラスをキーってするみたいな気もしなくなくて凄く嫌い(>_<) そう思ってた2016年4月、最初にゲーミングキーボードの世界を覗かせてくれた、そして買わなかった(>_<)CorsairからRAPIDFIREという、なななーんとキーを押して押したと反応が出るまでの距離であるアクチュエーションポイントが普通のゲーミングキーボードは2mmなのに、1.2mmという世界最短のキースイッチを、しかもCherryMX REDをベースにしたCherryMX SPEEDというCorsairにしか供給されない新メカニカルスイッチのゲーミングキーボードが出るってニュースががが!! まさにタイミングぴったりの情報に、既存の機種とキースイッチしかかわらないらしいからすぐ日本発売するよねと思って楽しみに待つことにしたのです♪( ´▽`) ゴールデンウィークは過ぎ、梅雨になり、夏になり蝉も鳴く、そんな今日この頃皆さんいかがお過ごしですか? ってコラー! いつまでかかってんの(>_<) ほんとに我慢できずに普通のCorsairの買おうかと思ったくらいの限界中の限界のある日、ついに日本発売の小さい文字をみたのです! というわけで買いました!K70