a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

ゲーミングキーボード Tag

大手初の光学スイッチ 1年半くらい前に海外で光学スイッチのゲーミングキーボードがでてきたのに一向に増えないので、先日書いたように光学スイッチのTESORO GRAM SE SPECTRUMを買いましたが、PC起動時にキーが勝手に押された状態になり、そのキー押すと戻るけど、最大の売りでるスイッチ交換をしたら治ると思ったらまったく治らずで、使用を終了し、それまで使ってたSTEELSERIES

  今も使ってるゲーミングキーボードSteelseries APEX M800のことを書いた時、2017年前半の段階で光学スイッチのキーボードでるらしいよって書きましたが、いつものように大手から出ることなく、とはいえやっと国内販売されました。買い替える理由は特にないけど過去に書いたこともあるし興味もあったのでとりあえず買ってみることにしました。   TESOROさんの製品情報ページ: http://tesorotec.com/project/jp_gram_se_spectrum/   非常に入手は困難ですが、一応買えました。 赤軸と青軸モデルあるそうですがどうやら日本語キーの国内モデルは青軸しかないらしいです。 ゲーミングキーボードってシェアのほとんどすべてが赤軸系なのにどうしてなの(;´・ω・)   しかし!このGram SE

K70 RGB RAPIDFIREが故障したので、高速入力対応のキーボードをまた探したのですが、RAPIDFIREの経験を活かすとちょっと違いますレベルではあまり変化がないので、もっと根本的に違うものと思ってると、キー自体が潰れているAPEX M800を思い出したのでした。 そもそも最初にこのブログにゲーミングキーボードのことを書いたのはこのM800発売のニュースを見てのものだったのですが、今や2年前のキーボードでちょっと考えたけど、またこれも縁かなと思って買いましたw キー自体の高さが短いので必然的に高速入力になるという物理的な仕組みで、スイッチはSteelSeries独自のQS1、キーの中心にLEDが埋まっている構造で、このLEDがセンターにあるものはLogicool

2か月くらい前かと思いますが、ゲーミングキーボードのCORSAIR K70 RGB RAPIDFIREが完全に故障してデバイス認識しなくなりました(´;ω;`)最初に触れたメーカーのゲーミングキーボードの最新のものを買ったことは以前書きましたが、それが去年の8月なので1年持たなかったことになります。当時のブログ記事:世界最速ゲーミングキーボード

ロジクールのゲーミングキーボードのG910をちょうど一年使ってますが、最初に書いた通りMCしやすいまま今もへたることなく来てますが(マクロキーはなぜかすべて死亡)、やっぱり未だに通常の文章打つときに隣のキーをあなた押しましたね攻撃は止まることなく、誤字の荒らしなのです(>_<) キーが大きく、さらにエッジがそびえ立つ世界唯一のキートップのためこうなるけど、性能いいのもまたこのキートップのおかげです。 でも普段使いできないのは困るのと、これに慣れすぎると他の普通のキーの形のゲーミングキーボードを使うことになった時、下手になったりしかねないかなって思ったり、 あとシャリシャリします。これRomerGが箱型スイッチのため仕様みたいなものなんだけど、板とかガラスをキーってするみたいな気もしなくなくて凄く嫌い(>_<) そう思ってた2016年4月、最初にゲーミングキーボードの世界を覗かせてくれた、そして買わなかった(>_<)CorsairからRAPIDFIREという、なななーんとキーを押して押したと反応が出るまでの距離であるアクチュエーションポイントが普通のゲーミングキーボードは2mmなのに、1.2mmという世界最短のキースイッチを、しかもCherryMX REDをベースにしたCherryMX SPEEDというCorsairにしか供給されない新メカニカルスイッチのゲーミングキーボードが出るってニュースががが!! まさにタイミングぴったりの情報に、既存の機種とキースイッチしかかわらないらしいからすぐ日本発売するよねと思って楽しみに待つことにしたのです♪( ´▽`) ゴールデンウィークは過ぎ、梅雨になり、夏になり蝉も鳴く、そんな今日この頃皆さんいかがお過ごしですか? ってコラー! いつまでかかってんの(>_<) ほんとに我慢できずに普通のCorsairの買おうかと思ったくらいの限界中の限界のある日、ついに日本発売の小さい文字をみたのです! というわけで買いました!K70