a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

SLI Tag

SLIにしたのにブレソやってみると全然980Tiの時と変わってません。 まず確認したのはSLIになってるかどうかですが、これはNVIDIAコントロールパネルにわかりやすい形で表示されているので動作は問題なさそうです。SLI状態でWindowsのプラグアンドプレイにより認識されSLIにしますかと聞いてきます。「はい」と答えるとSLIになりデフォルトでおそらくAFR2が選択されるので、それだけでSLI状態になります。   SLIインジケーター   次に考えたのは、SLIの効き具合を見れないかなという点で、いろいろ探してるとNVIDIAコントロールパネルのメニューにSLIビジュアルインジケーターっていうのを表示する項目があることを知りました。   上のメニューから「SLIビジュアルインジケーターを表示する」選択でこれを表示できます。   画面の左にSLIという文字とともに緑のバーが縦に現れます。       この意味について、画面左に緑の領域の広さでSLIが効いている度合いを表示するとNVIDIA様の説明にあっただけで、それ以上の具体的な意味はどこにも書かれてませんでしたが、ブレソ起動するとやはりこれがすごく小さかったです。これが大きくなればいいのかなと思いいろいろ検索してみると、同様の疑問を持つ人はいっぱいいるけど結果として解決してないようでした。   その「度合」を大きくすることがオプションによりできるのではとブレソ設定いじってると、ブレソのグラフィック設定の「暗い影の効果」オプションをOFFにするとこれが大きくなることを発見しました。   デフォルトでは最高設定5にすると「暗い影の効果」はONになりますが、   その状態だとこのような感じで緑領域小さいです。   最高設定のまま「暗い影の効果」をOFFにするだけで、   突然こんなに伸びちゃいますビューン!! 視野を拡大すると自キャラ以外の背景ボケますが、このときも緑の領域が小さくなります。   ただし、最も重要なのは、緑領域が大きくても小さくてもFPSに関係ないことでした。 関係ないなら特に気にしなくていいのかなと他を当たることに。。     GPU使用率 次にGPU使用率が低い点も気になって、大体50%前後しかいきません。DSRを使って4Kにしても55%未満とかです。 これも疑問感じる人多くてそれ自体は海外のフォーラムによくのってるけど、これまた解決してないんですよね。 2つだけ気になる情報見つけました。それは、   ・60HzモニタだとGPU稼働率どうやっても低いけど、144HzモニタでGSYNC OFFにしたら上がった ・DSRを2倍にしたら上がった   でもこれ、どちらも描画回数か領域が増えるから、GPU使用率上がるの当然のような気がして、解決策というわけでもなく、 通常どの程度が正常なのかなと思うんだけど、こういう「通常の状態」ってネットで調べるのすごい大変で、CORSAIRの水冷キットH115iが正常動作してる時の温度も探したときすごい苦労して、異常あると書き込まれるけど、正常値をわざわざネットに書いてくれる人っていないわけですよね。   海外のフォーラムで見つけました。それはここ1,2年くらいの情報で、いろいろゲームしてるけどSLIではどのゲームもGPU使用率50~70%だよって書き込みでした。 というわけでブレソのGPU使用率50%程度なのは異常ではないと思います。

FireStrike SLIでWindows10を起動させ、まずやってみたのが昔から使ってるFireStrike。 最近のものはFullHDで数値が異常に上昇するらしく4Gamerさんとかも載せてませんけど、古いのそのままなら当時の数値と比べられるみたいで、以前980Tiの時に落としてたものを使ってみると、 私のだと4770K+980Tiで15000代、いまの7700K+980Tiで16000代、 今回の7700K+1080Ti SLIでは、     28222(*´▽`*) 他との比較のため探してると、 http://www.guru3d.com/news-story/nvidia-titan-xp-is-faster-as-custom-gtx-1080-ti.html http://www.guru3d.com/articles-pages/geforce-gtx-1080-2-way-sli-review,19.html           先日発表された最新のTITAN Xpより速いです(+_+) FireStrike流してるの見てても次元が違うくらい速くて、FPS100行かなかったシーンも240とか普通に出てます。 世界最速!? ただしGPU温度、このときなんと85℃になり、ドライヤーと変わらない熱風が噴出して、私のPCケースは横が金属メッシュなんだけど、さわったらやけどしそうなくらい熱く、PCでお肉焼けそうでした。。。なんか鉄が焼けるにおいするし( ノД`)   DSRでお試し4K 私のモニタはフルHDなんだけど、4Kでどうなるか気になるじゃないですか! NVIDIA様のDSRという機能を使うとディスプレイがFullHDでも内部計算を4Kでやって、表示するときに縮小してくれるので、お試ししてみることができるみたい。 NVIDIAコントロールパネルのここ。   そのあと解像度変更でWindowsデスクトップが4Kになります。   ブレソのグラフィック設定にこんな風にちゃんと4K出てきます。   グラフィック設定は全部じゃないけど最高にして、   ブレソ機能のスクリーンキャプチャは以前の解像度でとられるけど、Windows的にキャプチャするとちゃんと4Kです!   4K復活の祭壇、待機時 FPS100超えて、   負荷がかかってもFPS80くらいです!

さて、パーツが届いて週末またまた組み上げです。   ゴゴゴ。 あとMSIの新しいSLIブリッジ。 4スロット間隔がM,5スロットがLです。   さらにCorsair1200W電源HX1200i(´;ω;`)   電力効率50%が理想ってことで、グラボ1個250W消費するからやっぱり1000w以上いるらしく、すごいなやんだけど買いました。 だったら800Wも400Wとか、そういう表示で売ってほしいよね。なんか納得いかないなー。。。しかもBTOの1080Ti SLIのでも800wとかあるよね?あれなんなのw Corsairの一番安いシリーズは安いけど1000Wまでしかなくて、その次のシリーズHX,AXはすごい高いです。     MSI 1080Ti開封。付属品は電源変換コネクタ1個だけ。お得感がないですw   まず1枚差して、バックプレートかっこいい!触るとプラスチックみたい。   ここで気づいたけどZOTAC 980Tiもこれも2.5スロット占有って書いてあるけど、実際には厚さが全然違って、MSIの方が薄いです。 ZOTACはマザーボード一番下のピンヘッダまで当たっちゃってましたが、これは余裕。なんだけど、 ファンの周りの赤いガードよりファンが出てるんだよね。この写真わかりにくいけど。ちょっとびっくり。 薄く見せるギミックか空気吸いやすいかわかんないけどケーブル類当たらないよう注意です。   2枚目を差します。おおー。。   電源ケーブル差します。すごい威圧感! ちなみに電源ケーブルはCorsairスリーブケーブルセット+同ATX電源ケーブルの赤で、すごいお高いです( ノД`) 布ケーブルではないですw     SLI HBブリッジを差します。

1年半近く前にZOTACの980Ti買ったんですが、10万円を超すグラボで最速と思ってたら、さらに超える980Tiを出したとこがあって、それがMSI 980Ti Lightning。 15万して窒素冷却対応とか言ってる段階で普通の人が買う製品じゃなかったけど、なんだか悔しくてMSIめ!って思ってたのですが、   年月が経つと憎悪嫌悪をこじらせて好きになることもよくあるお話・・・1080Ti Lightning出たら買おうと思ってたのでしたw   そして各社1080Ti出し始めたから出ると思ってたら一向に出ず、見た目1080と全く同じファンが2個の1080Tiを出してだんまりを決め込むMSI様。。あれ。。   さきにこれだして後で出すのかと思ってたけどなんとなくそれもなさそう?   ZOTACの980Tiは性能、冷却性能、安定したソフトウェアどれをとってもよくできてて、何しても68℃超えることないし、ゲームを非アクティブにした瞬間に温度下がるしすごかったけど、マザーボードとつながってるコネクタを守るためか穴が開いててそこからしか風でないし、長さ34cmくらいあった気がしてマザーボードを大きくはみ出てPCケースの中見てもバランスわるいのでした(´;ω;`)   自分の理想としては短くて、箱型でなくヒートシンクむき出しで、若干薄いもので、MSIの1080Tiはまさにこれなのでした。 ただLightningじゃないけど、それでも2GHzまでいってたりするの見たのでこれ2枚あればいいんじゃないかなと思って、人生初のSLIに挑戦することにしました!   そもそもブレソがSLI対応なのかどうかってところからわかってないけど、買ってみないとなにもわからないのでやってみるのです!   つづく