a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

PCパーツ Tag

SLIにしたのにブレソやってみると全然980Tiの時と変わってません。 まず確認したのはSLIになってるかどうかですが、これはNVIDIAコントロールパネルにわかりやすい形で表示されているので動作は問題なさそうです。SLI状態でWindowsのプラグアンドプレイにより認識されSLIにしますかと聞いてきます。「はい」と答えるとSLIになりデフォルトでおそらくAFR2が選択されるので、それだけでSLI状態になります。   SLIインジケーター

FireStrike SLIでWindows10を起動させ、まずやってみたのが昔から使ってるFireStrike。 最近のものはFullHDで数値が異常に上昇するらしく4Gamerさんとかも載せてませんけど、古いのそのままなら当時の数値と比べられるみたいで、以前980Tiの時に落としてたものを使ってみると、 私のだと4770K+980Tiで15000代、いまの7700K+980Tiで16000代、

  ブレソを立ち上げて、さてどこで比べようかななんだけど、 江流都の倉庫前って結構な人数放置してる人いますけど、誰も動いてなくてもすごい重いよね。ここが重い時と軽い時があって重い時は夜平落ちやすいって以前書きましたが、暁でも楼閣でも似たようなことおこってて、ここで比較してみました。  

ロジクールのゲーミングキーボードのG910をちょうど一年使ってますが、最初に書いた通りMCしやすいまま今もへたることなく来てますが(マクロキーはなぜかすべて死亡)、やっぱり未だに通常の文章打つときに隣のキーをあなた押しましたね攻撃は止まることなく、誤字の荒らしなのです(>_<) キーが大きく、さらにエッジがそびえ立つ世界唯一のキートップのためこうなるけど、性能いいのもまたこのキートップのおかげです。 でも普段使いできないのは困るのと、これに慣れすぎると他の普通のキーの形のゲーミングキーボードを使うことになった時、下手になったりしかねないかなって思ったり、 あとシャリシャリします。これRomerGが箱型スイッチのため仕様みたいなものなんだけど、板とかガラスをキーってするみたいな気もしなくなくて凄く嫌い(>_<) そう思ってた2016年4月、最初にゲーミングキーボードの世界を覗かせてくれた、そして買わなかった(>_<)CorsairからRAPIDFIREという、なななーんとキーを押して押したと反応が出るまでの距離であるアクチュエーションポイントが普通のゲーミングキーボードは2mmなのに、1.2mmという世界最短のキースイッチを、しかもCherryMX REDをベースにしたCherryMX SPEEDというCorsairにしか供給されない新メカニカルスイッチのゲーミングキーボードが出るってニュースががが!! まさにタイミングぴったりの情報に、既存の機種とキースイッチしかかわらないらしいからすぐ日本発売するよねと思って楽しみに待つことにしたのです♪( ´▽`) ゴールデンウィークは過ぎ、梅雨になり、夏になり蝉も鳴く、そんな今日この頃皆さんいかがお過ごしですか? ってコラー! いつまでかかってんの(>_<) ほんとに我慢できずに普通のCorsairの買おうかと思ったくらいの限界中の限界のある日、ついに日本発売の小さい文字をみたのです! というわけで買いました!K70

そろそろブレソ初めて2年経つみたいなのですが、気になってくるのはブレソ開始時にそのためだけに組み上げた水冷PCが今時のPCに比べてどのくらい遅いかってこと!w と思って今売ってるPCいろいろ見てると、AION時代マウスコンピュータさんのゲーミングノートPC使ってて、この手のノートって絶対壊れるって聞いてたけどまったく不具合なくてマウスさんは好きなのですが、見てるとベンチマークのスコア書いてあるんですよw これは比較するしか無いと3DMarkを落としてFireStrikeを実行してみました! といっても最近980Tiにしたから当時のスペックじゃないけど、同じ980Tiモデルで一番速そうなのはこれ! スコアは16938。 ベンチマークのためにCPUを4.2GHz、メモリクロックを4.1GHzに上げて980Tiも最大のオプションにして実行!どきどき・・ その結果はこちら! 15334!そんな変わらないよねやったw でも2年でそんな進化してないんだねえ。まだまだがんばるえぴかPCなのでした^^