a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

MSI2080tilightning Tag

いろいろ設定したりして毎日使ってきたところでまとめたいと思います。 LIGHTNINGでもOCは難しい 設定いじるとフリーズしたりするんですけど、scanner設定は安全と思ってましたし、ブレソもfirestrikeも動いたので安心してたのですが、レイトレグラフィックを見たかったので落としたbattlefieldV、最高設定でずっとfps60で遊べますけれど、一度だけ、やってたらムービーと演算の切り替わりでグラボフリーズしました。battlefieldVはレイトレーシングコアを使うのでそれのせいなんでしょうか。OCは5%以内に止めるようにと海外レビュー記事にありましたが、ほんとにそんな感じです。一般的なグラボベンチマークレビューはOC特にいじらずにしてる雰囲気あるのもこの理由なのかな。   スペックでは負けてても結果最速のLIGHTNING スペックの特徴として19フェーズ電源、銅製パーツの使用、8ピン×3電源コネクタ、カーポン調ではないちゃんとしたカーボンバックプレートと、いかにも凄そうですけど、ZOTACは20フェーズ電源、メモリクロックも高く、手動OC最大クロックも負けているようです。でもベンチマーク結果はOCチューニングしてもLIGHTNINGが勝るようです。普通ない話に聞こえますが以前書いたように2080Ti 、温度にやたらと弱く、38度超えただけでクロック下がり始めるので冷却性能がすごく大切で、そこが勝っているんだと思います。ベンチマークは限界のことをさせるからどうやっても温度高いけど、実際普通のゲームやるときの温度範囲考えたらなおさら重要です。 と言っても銅製パーツ以外の8ピン×3電源とかは窒素冷却時用みたいなものと考えた方が良さそうです。   発売スピードが今回はやかったLIGHTNING MSIさんがLIGHTNING出すという海外ニュース出てからまもなく日本でも発表、それほど時間かからず発売されました。LIGHTNINGの海外での詳細ベンチマークは2019年1月末、日本発売が2月2日です。ところがZOTACのAMP EXTREMEは昨年12月に詳細レビュー出てたのに日本発売発表が3月です。価格は20万円台でLIGHTNINGより1万円お安いですがそうなると思ってました。著名な海外レビューサイトでも12月くらいに一箇所しかレビューされてません。これはメモリをOCしてしまったのに見合うパーツが揃わなかったとかでしょうか。とにかくLIGHTNINGは常に最後に出るのに今回は違ったことになります。それがわかっててあのメモリなのかなという気もします。   過去のグラボよりすごく速いのはGPUコア自体の性能 自分で買ったら今まで使ってたグラボと比べるわけですけど、これまでに書いたように今までで一番差がついたものとなりました。私にとっては。ですがLIGHTNINGのおかげというよりRTX2080TiのGPUコアのおかげと思って、その最大の特徴はCUDAコア数がかなり増えたことです。 1080Ti は3584基、2080Ti は4352基です。 グラフィック最大設定でゲームする場合、たくさんいろんなものを同時に処理する量が一気に増えますけど、CUDAコア上は並列処理されるとのことで、はでで細かい画面になればそこで差が出るとおもってたけど、やっぱりそうなのかなって感覚です。 ただ数千のCUDAコアが完全に同時に動くのは考えづらく、調べてみると何かコントローラーのようなものにいくつかの単位でぶら下がってるようなので、無駄なく理想的に使えるわけでもなさそうですが、数が多いほうが高グラフィックオプションでゲームしたい方にとっては最重要と思います。 Tiシリーズ以外では今のRT20シリーズでもCUDAコア数がかなりけずられていて、この相関関係は昔からであり、Tiが必ず多くなっています。  以下LIGHTNINGと関係ないお話として。 過去のゲームに対してはオーバースペック 私がいつもしてるブレイドアンドソウルはDirectX9世代の古いゲームなせいか、GPUブースト制御によりGPUクロックがあまり上がりません。1080Ti SLIのとき、SLI使用率が上がらないという悩みありましたが、それも同じ理由でGPU能力に比べて負荷が軽いんだと思います。最高設定でソロIDする以外に使用法が見つかりません。 最新のゲームをする人にとってはいいけど、そうでない方に買って大きく変わる部分は少なそうです。   OCにより得られるものは軽微 今回初めてAfterburnerでOC設定いじりましたが、書いてきたように結局素の設定がいいようで、また、一般的設定以上にOCしてもフリーズしない前提で言っても、差が体感できません。あくまでベンチマークとしては変わるというレベルと思います。 そういう意味ではGPUコアが欲しいものでさえあれば、特に選択にこだわる理由はないと思います。逆に言えばRGBの光り方や価格、デザインが大きい部分を占めることになります。実際扱うメーカーさん増えてますし。   最後に 海外のLIGHTNINGレビュー記事を読み、心躍らせて思わず買ってしまいました。なぜならここまでのことしてくれるメーカーがMSIさんしかないからで、何年もLIGHTNING欲しいと叫び続けたのはそれ以上ないことがわかっているからです。水冷のも出てますがあれはとても組めません。スペックシートで負けててもここまで持ってきてくれてます。レイトレーシングが必要ない方には不要とか、後でGTX1180出るかもとか言われる状況は、過去のLIGHTNINGと比べて最悪の状況で、さらにダントツに高い価格ででたわけです。ところが、なんと今までのLIGHTNINGの中で明らかに海外レビューが増えてます。さらにさらに、みんなマイナスポイント上げてるのに著名なレビューサイトみんなLIGHTNINGだけ満点です。なぜならLIGHTNING以上の製品が出ないことが980Ti LIGHTNING以来だし続けることで認知され、その地位が常識に近いとこまで来たからじゃないでしょうか。 ここまでしてくれるMSIさんを尊敬するほかありません。もはやLIGHTNING発売は海外レビューみるとお祭り騒ぎに近くなってるように思います。Google先生にLIGHTNINGレビュー聞いて何ページも続いても20万円越すこの子が売れるわけではないからです。  と思って買ってからしばらく経って、英語のレビューを翻訳して見直してると、私が上に書いたことと同じようなことが書かれてました。超一流のレビュアーと素人が、MSIがここまでやってくれるのは凄いとかいろいろ似たようなこと言うわけですもうやっぱりお祭りです!٩(//̀Д/́/)۶ そして、生意気に、グラボレビュアーの方達の真似をして、MSI 2080Ti LIGHTNING個人的評価を付けさせて頂きます。5点中5点満点!  

やはり不安定な固定クロック化 GPUクロック2100MHzで3日ほど普通にブレソしてました。ところが突然フリーズ、グラフィック設定3のすごく軽い状態にゲーム側してたのにです。 よく考えたらAFTERBURNERでクロック固定にすると勝手に電圧も固定になるので、それ超えるとだめなんでしょうか。よくわかりませんが落ちていい状況でない限りこの方法は使えなさそうなのでした。   可変はGPU BOOST機能 通常の設定で勝手にころころクロック変わるのはNVIDIA GPUに昔から搭載されているGPU Boostという機能のふるまいということでした。この機能は2000シリーズで4.0として第二温度設定できるとあり、使い方のわからない例の画面でできるということで、操作方法載ってないけどあちこちいじると右端に動く点が4つくらい重なってることに気づきました。 非常に面倒ですが、頑張ればこんな感じにできます。 ところがTEMP LIMITを88度などとすると必ず戻されます。 いつものAPPLYボタン押しても戻されます。無理みたいwなんだろこれ。。。 TEMP LIMITにあたるとベースクロックにいままで落とされてたのを指定値にと4GAMERさんにありましたが、温度はそもそもあまりあがらないようにしてるのであまり私に意味がある機能と思えません。おそらく黄色線のTEMP LIMITを左に大きく移動して、その後のクロックを調整と思われますが。 問題はフリーズする理由は必ずいつもVOLTAGE LIMITを超えるからのようで、それを意識した設定がこの画面でできないのでVOLTAGE LIMIT越え問題に役立ちそうにありません。   可変クロックで最大に 可変で最大のクロックに誰もがしたいわけですが、それはいじりながら動かして、自分で判断するしかなさそうです。不思議なことにVOLTAGE LIMIT手前でベースクロックへ落とすという自動機能がないからです。CPUのOCも同様だからプログラムで制御できることではないということだと思います。 コアクロックのつまみでしていします。SCANNER設定は使いません。低めになるので。 固定で動かなかったFireStrikeのデモが動くことを条件にしてみました。   とりあえずコアクロック+98で完全動作。グラフィックスコアは37002。   コアクロック+100設定でグラフィックスコア38002.これはRTX2080Tiとしてもまあまずまずぽいです。低めだけど。   まだいけそうと+105にしたとたんデモがフリーズしましたw 1単位で上げる気もしないのでこれが限界のようです。 この設定でブレソすると、コアクロック最大2055MHzまで上がります。SCANNERの2010MHzよりは高いので、これでやっていくしかなさそうです。 ただメモリクロックは結構上げてもVOLTAGE LIMITに当たりやすくなる感じがありませんでした。これをあげるといいのかも。   海外のデータだと+120でベンチマークしてるのですが、ファン速度を最大固定にしてるようで、それは14Cm*2ファンのラジエータファンよりうるさくとても普段使いできません。なので試してません。LIGHTNINGというかMSIさんのファンは非常に静かですが、すごかったです。 ベンチマークの比較ってたぶんみんなそういう計測してると思うので、私たちの使い方でその性能出るわけじゃないんだなって思いました。   たぶん次こそまとめかくと思いますw        

2080Ti LIGHTNING Zを装着後、とりあえずGPUクロック2GHzオーバーを目指すことにしました。どうすればいいかこの時点ではわかりませんでした。   MSI DRAGON CENTER まず、MSI DRAGON CENTERという新しい制御ソフトが増えてます。グラボのRGB機能MYSTIC LIGHTの制御と、有機ELディスプレイへの表示などの設定が新しそうですが、それ以外にもLAN設定、クロック設定などができるようです。 これはもともとあった簡単に3つのモードを設定するAFTERBURNERと別のツールを大幅に変えたもののようですが、以前書いてますがその簡易ツールが起動しない不具合を長年放置されてたのでそれはやめたということなのかも。 ZOTACさんのツールは1つで簡単モードも詳細設定もできましたが、MSIさんは歴史が古いため別になってると思いますが、使う側からすると何をどう言う時に使えばいいかわかりにくいです。   簡単にモードを設定する機能はPerformanceのようです。 押すとSilent,OC,Profile1,2と並んでて、ゲームするならOCと思われます。これで簡単にGPUクロック1960MHzくらいになりました。MSIさんのツールは使いずらく選択状態すらわかりにくいけど、もう一度押すと解除になるようなのでしたのPerformanceを無理やり押すか別の何かを押してモードを抜けます。 Profileは独自設定できるようなのですが、 結果として使い物になりません。ここに打ち込んでも簡単にフリーズするからです。OCモードは自動的になにかしらの上限までを使うようですが、そのような自動機能がこれにはないからみたい。 ここでよくわからないのがこの辺押すたびにAFTERBURNERが終了したり起動したりして連動してることです。AFTERBURNERの項目も何かしら連動してるようですが、いづれにせよ自動調節機能が働いてるらしいOCモード以外の選択時に適当な高いクロック設定はフリーズします。 これで簡単にOC設定したかったけどどうやら無理のようなので、AFTERBURNER設定することにして、 RGB設定はここから。 非常にいろいろ項目がありますが、あんまり中が見えるケースではないものを使ってるので個人的には特に重要視してません。   MSI AFTERBURNERでNVIDIA SCANNERを使う AFTERBURNERをまともに使ったことないので使用法を知らないのですが、CPUのOCと同じ項目なので同様と思います。GPUクロックとメモリクロックを上げるつまみがあって、電圧を上げるつまみもあります。CPUの場合は非常に多くの項目がありますが、簡単に表現すると結果としてこの3ついじればなんとかなったので、GPUも同様に見えます。私のCPU 7700kは殻割して5.2GHzまで動作し、ASROCKの設定ソフトで設定しています。 ところが、GPUクロックを上げるとDRAGON CENTER経由時と同じくフリーズします。具体的には私はブレイドアンドソウルしかしてないので、ログイン後キャラクター選択画面で必ず固まります。 MSI AFTERBURNERは見た目派手ですが、細かいドットごみみたいなとこにも意味あったり、でもターゲットクロック指定できなくてなんとなく指定し、赤や白の三角で推し量るしかないという、困ったことになっています。 赤い三角がブーストクロックらしいので、それを2000メモリ付近にしたいんですけど、必ずフリーズします。       いろいろやってみた結果、この方法では無理らしいと判断しました。ですがほかの方法がわかりません。 困っているとRTX2000シリーズの4GAMERさんの記事に、2000シリーズではNVIDIA SCANNERという新しい機能が使えると書いてあったことを思い出しました。 追記 afterburner v4.6.0の説明にはgtx10シリーズもscannerに対応したとの記述がありました   GeForce RTX 20シリーズの新機能「NVIDIA Scanner」とは何なのか。挙動を確認してみた(4GAMER様) https://www.4gamer.net/games/421/G042134/20180928014/   記事はEVGAさんのなので違うけど、いろいろやっててCore Clockの左にある電波マーク?を押すと出ることに気づきました。 OC SCANNERはこの右上か、メイン画面の左上の「OC(虫眼鏡)」を押すと表示されることに気づきました。まえなかったよねこれ。とにかく気づかないとこにあるけどw 超シンプルなコンソールが出るので、右下のSCANを押してSCANNER実行します。時間がなんと10分かかるので待ちます。するとAFTERBURNERの表示が目まぐるしく変わって限界をさがしているような動きです。 終わった後が重要で、必ずAFTERBURNERのAPPLYボタン(チェックみたいなの)を押します。これを押さないと忘れます。 ところが押して記憶しても、DRAGONCENTERからのリセットなどですぐ忘れます。なのでPROFILEに記憶させる必要があります。 記憶し設定されていることはCoreClockの右にCURVEと出ていることで確認できます。これも超目立たない・・・ここにCURVEと出てればあのグラフを使うようです。 それで、この設定を誰がどう使うのかの説明がないので実際にブレソ起動して見ると、自動的に最大になってたその最大が引き上がって2010MHzまで行くようです。 ただし、ここがさらなる謎ですが、ゲームの3D演算負荷が高ければ自動的に引き上がるため、逆に言えば使いたいクロックに勝手にいつでもなるわけではありません。 この負荷に応じた自動引き上げ機能に名前すらついてないし、他の選択ができるかどうかもわかりません。ですがscanner自動設定を使えば安全にOCでき、dragon centerのocモードでもその上限まで引き上がることを確認しました。一応やりたかったようなことはできたのでした。   scannerを無視してクロック設定するやり方も分かったので次に書いてみます。    

2080Ti LIGHTNING購入まで 私はMSIさんのグラボである1080Tiを2枚使ったSLIにしてるため、当分グラボを買うことはないと思ってました。 ところが最近のWindows UpdateでSLIにしていると動画再生するだけで完全にフリーズし、ブラウザの表示も破壊されるという現象が発生し、そのうち治るといういつものパターンと思ってたのですが、なんどWindows更新してもグラフィックドライバ更新してもまったく改善しませんでした。 1つグラボをNVIDIAコントロールパネルでOFFにしてもドライバ更新するとまたかってにSLIにもどってフリーズしてたりして、一つ装着はずそうかと思ったけどSLI前提で買った小さめのファン2個の特に速くもないモデルなので1枚ではものたりず、そう思っているときにまた耳に入ったMSI 2080Ti Lightning発売の情報。。。悩んだけど買うことにしました。SLIとはお別れです。 SLIは謎が多く、そもそもSLI対応してないブレイドアンドソウルというおゲームをしてましたが、謎の設定方法によりSLIが使用可能になるという、それでいいのっていう対応状況もあるし、Windows自身も対応してるのかどうかあやしいところまできちゃってるので、今後SLIや今でいうNVLinkにすることは絶対ないと個人的に思ってます。   私とLIGHTNING MMOブレイドアンドソウルを開始すると同時に初のPC自作をはじめて以来、780、980Ti、1080Ti SLIとグラボを買ってきましたが、ZOTAC 980Ti AMP EXTREMEを買ったとき、それを越す速いグラボがあるらしいことを知り、しかも窒素冷却対応のお化けグラボ、それがMSI 980Ti LIGHTNINGでした。 いづれ買おうと思ってたのに1080Ti LIGHTNINGが全然でなかったのでSLIにしたらその後発表されるという(-_-;)ご縁がないのかな状態でした。そしてやっと今回買うことになったのでした。   LIGHTNINGの特徴 LIGHTNINGシリーズはGPUとメモリその他のパーツを高選別し高い性能を得られるパーツで構成されており、最速のための製品で、MSI LIGHTNINGだけ窒素冷却に対応しています。専用モニター電極も付いてます。そのためのLN2モードではあらゆるリミットが外されますがファン制御などの機能も無くなるので普通の方には関係ないけど、発売前の時点ですでに2080ti LIGHTNINGは窒素冷却時に2450MHzを達成しています。   開封と組み込み 箱の大きさはそんな大きくはないですし、豪華でもないのですが、中の箱は豪華でした。 中箱に光る金色のLIGHTNINGの文字! グラボを引き出すとそこにもこの文字が仕込まれています。 MSIさんは付属品一切なしが通例ですが、このLIGHTNINGには補助ステー?がついてます。 今、長さ30CMを超えるグラボはめづらしくなく、私自身ZOTAC 980Ti AMP EXTREMEが30CM超えしててましたからそこは慣れてますが、このLIGHTNINGの特異な点が1点あり、それは重さが2KG近い1.8KG台もあるということです。ZOTAC 2080Ti AMPなんとかは1.1KG台なので如何に重いかわかると思います。大きさは同じくらいのはずなのにヒートシンクとヒートパイプが違うんでしょうか。 そのためグラボ変形の可能性もあるということでしょうか、標準で支えるプレートが付いてます。 差し込むスロットのとこにもLIGHTNINGの文字が。箱や随所に現れるLIGHTNINGの文字が通常のモデルではないことを表しています。   一応装着してみました。その前に1080Tiをひっこぬくのに大失敗して相当時間かかりました。SLIの場合上からはずさないとだめみたいなのに下から無理やりはずそうとして動かなくなってびっくりしました。 一応補助ステーも付けましたが、本体が3スロット占有のすごい厚さなのにこのステーも2スロット占有なので、これつけたら空きスロットはほぼなくなると思います。 MSI MYSTIC LIGHTで横とバックプレートが光ります。 さらに横に有機EL液晶がついていて、クロックや温度やオリジナルアニメーションを表示可能です。   あまりに大きいせいか収まりが悪く、ライザーケーブルや向きを変える仕組みもないオーソドックスなケースを使ってるためあまり美しくもないのですがwとりあえず普通に起動しました。   今回特に目標も目的もなかったのですが、どうも他社の2080TiはGPUクロック2GHzを達成してるらしく、LIGHTNINGなんだから当然できるだろうと、それを目標にセッティングしてみることにしました。今までMSI AFTERBURNER起動しててもファン速度以外いじったことなくて使い方も不明でしたし、情報もないのですが、いい機会と思い苦手意識を克服する意味でもがんばってみようと思いましたが、相当大変でした。   設定編に続きます。