a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

BF5

まだやってるBFV MSI RTX2080Ti Lightning買って無料でBFVできるキャンペーンあったから やり始めたんですけど、まだやっていて、 そのお話をちょっと。   BFVのやりやすい点 BFVはネットが比較的遅くてもできるFPSで、その点非常にありがたくて 誰でもできると思います。 しかも一番これいいなと思ってたのは、毎日しなくていい点です。 MMOは毎日が基本で、ログイン報酬とかイベントとかあるから なおさらで、MMOしかしない私にとってそれは当たり前だったけど、 BFVは週に二日程度でウィークリー達成できて、武器もらえます。 今まで乗り物とバトルロワイヤル以外のすべての武器が 私でも取れました。 今の時代、毎日何時間もゲームしないといけないって、それ自体が 最大のハードルじゃないでしょうか。課金額やPC環境以前に。 しかもずっと無料です。 私はNVidiaキャンペーンではじめたから実際にずっとかどうか はっきりわかりませんが、まったくお金払ってません。 MMOはとんでも課金ガチャ当たり前で、それも全然違うんだなって 思いました。 さらに毎週じゃないけどウィークリー達成でもらえる武器、 基本いらないですw これが優れた武器だと後から始める人はお金で買わないとだから それ考えてのことなんでしょうか。 初期装備一覧にある武器を超える性能のものがウィークリーで 取れることは、絶対じゃないけどまずありえないです。 これが意図してるなら、人増やすことには貢献してるのかなと思います。   超下手だったときに考えたこと 最初、1ラウンド終わっても2キルとか、そんな程度でひどくて、 まったく面白くなかったんですけど、 援護兵の武器の一部に6倍スコープがあることに気づいてから かなり変わりました。 どういうわけか6倍スコープで覗くと発砲でぶれるのが普通なのに ほぼブレず、比較的遠くの敵を倒しやすくなります。 敵が撃ってくると思わない距離で攻撃できるのは強みです。 Bren Gun、Lewis Gunあたりがそれで、私は連射速度の速い FG-42を一番使うようになりました。 S2-200はスコープも何もない他と違う謎武器ですが、 連射が超早いのでこれも結構使ってました。   StG44ゴールドプレートあつめに挑戦 そんな感じだったので援護兵使うのが日常だったのですが、 もともと突撃兵が好きで始めたので、そっちしたかったんですけど、 あまりに下手で援護兵をしてたのでした。 ですが突撃兵に一つだけかっこいい武器あって、それがSTG44です。 ところがこの銃、性能は長らくなにも秀でてなかったため、先日のアプデで 強くなるまでほとんどだれも使わない銃でしたが、 とにかくかっこいいからこれをずっと使ってました突撃兵では。 どんな武器も静止して狙うと当てやすいスキルルートをとってたのですが、 STG44はどうやっても当たらないので腰うちルートにしてみたところ、 これで結構倒せるようになりました。 そのうち、何となく任務つまんでこなしてると、 ゴールドプレートというのをしらずにとってて、 ほどなく一番大きい部分のパーツ取れて、それ見ちゃうと全部 集めたくなっちゃうじゃないですかw リロード時だけ見えるかっこいい武器(*´ω`) あ、私もBFV初めてしばらくして金武器持ってる人みて趣味悪いとか、どこの石油王ですかとかおもったんですけどwずっと使ってる自分の好きな武器がこうなると、 「いやーんかっこいい(*´ω`)」 に見えるんだね~不思議w というわけであくまで余裕あるときに始めてみました STG44ゴールドプレート集め。 でもほんとに性能よくないから大変だったんですけど、 時期的にいろんなMAPのことがかなりわかってきてることもあって、 不思議とキル数徐々に増えていきました。 ゴールドプレートは武器によって取得条件異なるようですが、 STG44の場合、後半は60人攻撃キル、60人防衛キルとなります。 累積だからやってれば到達するんですけど、 その後「1ラウンド中に」っていう条件になり、これが超大変。 ちょうどメトロが成熟期にあり、なんとか偶然とれました。 1ラウンド中に、という条件付く場合は、経験的に言うと64人コンクエスト自軍ランク真ん中以上の実力ないと、時間内に達成できないレベルです。普通にやってると途中参加なので、なおさら時間が足りません。 最初から始めるためにサーバーローテーションをみて一つ前のMAPから始めても、チーターがいるとバランス崩れてすぐ終わってしまいます。本当に難しかったです下手だから。。。 いま最後の一つまでいったんですけど、 1ラウンド条件付き20人はあらたなゲームモードでも加わらない限り私には無理なので、とりあえずあきらめてます。 ゴールドプレートはいわゆるやりこみ要素コンテンツと思うんですけど、外見変わるだけで性能その他一切関係ないので、これも新たに始める人有利な設計なんだろうと思います。 これで性能変わったら新規さん追いつけないもんね。 ほぼ終わって思うのは、目標持つとすごく楽しくなるんですよねやっぱり。 だけどほかの武器もゴールドプレートにしようとは全く思わないですね疲れてw 武器ごとに条件違うのはしってたけど、よく使う援護兵のFG-42ゴールドプレート任務見てみたら、バイポッド使って何十人倒せってなってて、FG-42ってバイポッド使わなくても命中高いめづらしい武器だから使ってたのに何言ってるのって感じで私には絶対無理そうですw でも一度とった任務って途中で削除できなくないですか?どうしよう・・・   今思うこと 最初からしてるわけでも毎日してるわけでもないのに、トータルなレベル的な階級が70台になってて、それ以上の人があまりいません。 これはそう長続きせず大抵の方はやめちゃってる事実を示してると思いますが、確かに連続二日程度が限度で、それ以上やろうとすると非常につまらなくなるので、そういうことなのかなって思ってます。 移動キーとAIMして打つだけだからってのもあるのかな。 続けててもある程度以上はうまくならないからかもしれません。PCスペックとネット速度もあるし。 それでもたまにやるなら楽しいんですよね。 BFVって第二次世界大戦ベースのFPSだから非常に怖いおゲームで、普通の方には選択しずらいと思うんですけど、犬とかを倒して経験値とか、真ん中にいるボスを大勢で囲んでぼこぼこするMMOが健全というわけでもないと昔から思ってて、 もう戦争ってこういうものだよ感を最初から押し出してる方がストレートなんじゃないかなって思ってます。 ポケモンもかなりぎりぎりに見えるんですけど密猟者みたいな(-_-;) 今は島MAPばっかりで、都市MAP好きな私には最悪なんですけど、都市MAPだとスナイパーライフル出番厳しいし、乗り物好きな人もつまんないだろうから、バランスとれればいいけど、広域MAP大すぎなんだよねいまのBFV。 好きなのなんとかステーション、ロッテルダム、Arras、メトロだけだから厳しい(

XL2546購入レビュー つづき! というわけでBenq/ZOWIE XL2546を買いました。フルHD240Hzモニタです。 from zowie/benq.com: https://zowie.benq.com/ja/product/monitor/xl/XL2546.html すでに1年半前の商品で、かつ有名なものなので外見のレビュー的なものは省略して、とにかく変わるのか、BFVで敵が倒せるのかです(*'▽') 接続はDisplayPortを使用してます。    1stインプレッション:超ヌルヌルで全然違う! DisplayPortを初めて使ったため、奥まで入ってなくて故障かなと一悶着ありましたが(¬_¬)普通に表示できました。 この機種にはDyAcという残像を減らす機能がついてて、まずはそれを高に設定。 初期状態でやたら画面が白いし色が変なのでガンマとBlackEqualizerを調整。 さっそくBattlefieldVを起動。 ちょーーーーー違う全然違う!!! 叫びそうでした(*´ω`*) なぜこんなに違うんでしょうか・・・    BF5の敵倒す率が倍に もともと敵が全然倒せないのは本当で、ちゃんと狙ってるし、PINGも32人中TOP5以内とかが多いのにです。 それでこのXL2546にしたら・・・なんと敵が普通に倒せることが明らかに増えました♪( ´θ`) 今までスナイパーライフル?使ってもまったく当たったことないのに、はじめて倒せました・・・やってることはいつもと同じです。 結果として二人倒せる程度が4人は倒せるという、100%増の事態に!レベル低いお話なのはすみません(-_-;)    とっても強力DyAc DyAcは、簡単に説明するとバックライトを1秒に240回点滅させ、液晶に情報が書きだされたタイミングでバックライトをONにするという非常に手の込んだ機能で、他社にも類似の機能あるそうですが、 これにより前の残像を消すとのこと。実際そう感じます。 これとリフレッシュレート240Hz、そしてMSI 2080Ti LIGHTNINGの組み合わせで非常にうまく効いてることは私でもわかります。超ヌルヌルの秘密がここにあるのかなと思いました。 試しにDyACだけOFFにしてみました。大きく変わることはないのですが、激しく視点移動した場合に上下でフレームがずれるように見えます。大きく視点移動しない場合は視認できないけど理論上は違うと想像できます。 BenqZOWIEさんは全機種にDyAcがついてるわけではなく、ネットに載ってたメーカーさんの情報見ると速いリフレッシュレートが必要とのことらしいです。ついててよかった(*´ω`*) ただし、あくまで残像低減で、例えばマウスカーソルを速めに動かすと複数見えます。ゲーム内でFPS200出てる時のゲーム内カーソルも同じです。    BF5ではそれほど強力でなかったBlack eQualizer BlackEqualizerは、暗い場所を明るくし、明るいところは元のままで、敵を見つけやすくなるというような表現がされている機能です。明るさだけ上げたら空とか真っ白になるのが普通ですが、この機能を使えばそれほどなりません。 この機能、個人的にすごい気になってたんですけど、結果としてあまり有効ではなかったです。理由は、BF5はほとんど薄暗く、迷彩服で敵がそもそも見えにくいからです(>_<) 地面に敵が目の前にいても気づかないくらい暗かったりするBF5では、結局敵と背景が同じ暗さ明るさなのでそれに対してはどうにもなりませんでした。 見えにくい状況サンプルです。 中心階段出口に伏せてる人いるけど見えない また、BF5はHDR機能もついてるので、それを使えば良かったりもします。明るくなるのに時間差はありますけど。 でも若干見やすくなるのでBlackEqualizer多少使用しています。 その設定のままほかのゲーム、例えばMMOやると画面真っ白ぽくなって、プリセットで分けて使ってます。 こういう機能あるのはありがたいけど、ゲームごとに切り替えるのはプリセット数も足りなくなるし、あんまり機能増えると難しい問題かなと思いました。    すごく音がいい 向かって左側にヘッドフォンジャックやUSBコネクタが付いてるという、他者にない特徴がありますが、位置的に便利なだけかと思ったら、びっくりするほど音が良かったです(*´ω`*) 前のは音が悪かったのですごく嬉しいです!    なぜ敵に当たるのか ここで、魔法のように敵を倒せるように(若干)なったような現象が気になってしょうがないので、素人パワーで想像してみます(*´ω`*) 60Hzリフレッシュモニタと240Hzのモニタを単純に比べると、1フレーム対4フレーム、60hzが一回表示してる時間に240Hzは4枚表示してしています。 また、PC側でFPS60と240出力し続ける理想環境を想定すると、同様の差ではありますが重要なのは、FPS240の4枚目フレームは現在に一番近いのに、FPS60時のそれは、FPS240の一枚目、つまりかなり前の過去を表示しています。 さらに、リフレッシュレートが高いだけでなくDyAcで残像防止されることで、その現在に一番近いフレームが見やすいんじゃないでしょうか。 この説明は、ネット検索しても何も情報なかったので私が勝手に思ってることなのでご注意ください(>_<) 実際にこのような理想状況にはならない理由はいくつもあります。 わかりやすいのはネット遅延で、さらにサーバーの処理タイミングもあり、それはBF5で言うserver tick rateですが、 これ60Hzと120HzがBF5だとあるんですけど、当たり判定は最優先のはずだから、それの判定が60Hzなら、240FPS出しても無駄なのって思いがちですけど、クライアントで補完再生?されてるので見た目がスムーズになるのは間違いないのですが、 でも当たり判定に違いがあるかは、常識的にはないはずです。超速pc使うとチート状態になってしまうので。 のはずですが、変化を感じるということです(*´-`)魔法かな!    最速リフレッシュレート240Hzの最大の問題はPC発熱 たまたまやっているBF5は、グラ設定「低」でも綺麗ながら明らかに他のゲームより負荷が高く、簡単にFPS200オーバーするようなゲームではありませんが、それでも2080Ti LIGHTNINGで軽いマップでは200超えます。 最初はそれで喜んでいたのですが、いつもしてるMMOと比べて7度以上水冷ラジエータの水温が高いことに気づきました。 室温20度程度の今でこれは、夏場結構危険なので、最大FPS制限かけて負荷を下げるしかなさそうです。 BF5でcpu温度高いとネットにもあったので普通にそうなるぽいですが、これはグラボの排熱量が高くてcpu冷却装置がその熱を吸っているから起こる現象と思います。 よくグラボの温度を気にする方多いですが、グラボの空冷ファンはかなり性能高く、さらに温度自動制御されているので、どれだけPCケース内温度を上げているかはその数値を見てもわからないので注意です。 暑いのは嫌なのでFPS60制限をBF5の設定でかけて見たのですが、そこで驚きが(*´-`)    240Hz/60FPSでも普通の60Hzモニタよりいい結果が なんと敵倒しやすいままでした。ただし60FPSなのでカクカクちらちらが凄かったので、DyAcを完全オフにして見たところ、結構滑らかになり、普通にBF5できる上に、cpu温度はネトゲ程度の上昇しかしなくなりました。まあ当然ですけどw ネットでFPS低いPCでも高リフレッシュレートモニタに買い換える意味はあるという言葉を事前に見たんですけど、そんなわけないじゃないと思ったらほんとでした。あくまでリフレッシュレート240設定時で、それ以外試してません。 これは、古いモニタと比べると、DyAcまで切っているので、応答速度が速ければそれだけで違う可能性があって、 そして個人的に重要と思うのは、その判断をする方が何と比較するかです。私は五年前の普通モニタと比べてるのでこう感じるのかとも思います。 ただ、その後144hz、240Hzにして遊ぶと、やっぱりこっちが全然いいな感はありました流石に。    FPSゲーム以外では意味のある差を感じないかも 普段MMOブレイドアンドソウルをしてまして、最高FPS120おゲームなのでなにかしら効果あると期待したのですが、ほとんど意味なかったと感じました。 FPS120出てても何というか、画面の中の場所?によってヌルヌルだったりカクカクしたりな感じで、物が近い遠いが関係してるんでしょうか。BF5のような変化を感じません。 残像大きいモニタではそのせいでヌルヌルだったのに、精度が上がってカクカクが見える、みたいな感じです。 MMOは綺麗な画面にこだわって作られることも多いので、4Kや大画面、HDR対応のモニタが向くと思います。    まとめ 買って見なきゃわからないでスタートした240Hzモニタの感想をまとめると、 ・BF5でなぜか敵に弾が当たりやすくなることを実感 ・BF5の場合、FPS200級出すとPC負荷非常に高く、もうFPS落としていいかなと思うほど ・リフレッシュレート240Hz設定時、FPSが90〜120あたりではカクカク感があり不満を感じます。この不満を感じるFPS領域の存在が中途半端な144hzというモニタが生まれた理由なら、納得できるところがあります。 ・ヌルヌル感DyAcの効き具合はゲームにより異なり、BF5では最高にいい結果、ただし高FPS出力要。低FPSしかでないと残像が無いため余計かくかくしてみえます。 ・240Hzモニタが違いを発揮できるのは私の感覚ではFPS130〜240出力可能なPCが必要 ・Benq ZOWIEモニタは秋葉原のお店ほとんど扱ってなくて、ハンドルとカバーが付属してるしeスポーツ用と大きく書いてあるので、ほぼ法人用? 最後に、Benq ZOWIE XL2546、一切不具合なく、心配したドット抜けも全くありませんでした。 個人的評価は満点です!

2080Ti LIGHTNINGの性能を見るために入れただけのはずのBF5、なぜかマルチプレイを毎日やってます( ゚Д゚) 理由は、ブレソのデイチャレ程度だとすぐ終わって時間があるからと、すごくへたっぴで悔しかったからです。。。20分くらいしてても一人も倒せないとか( ノД`) それよりはましな感じになった程度ですけど、何も知らずFPSも下手な人が何やってみたかを書いてみます。     苦手なMAPはしない 性格的に突撃兵かなとそれで始めたんですけど、延々走って出くわした敵に一瞬で倒されることの繰り返しで時間が過ぎていくのでした(;´・ω・) 理由はおそらく武器の専門スキルというのを増やして当てやすくするのと、武器自体がよくないこととかかなって想像しました。 ですが経験値のようなポイントを貯めないとその両者できないんですけど、これが基本敵を倒さないとほとんど増えないから悪循環で出口が見えなくて。 広いMAPだと銃の射程に入る前に狙撃されたり戦車でやられたりで一人も倒せないことも多かったので、思い切って自分が好きな市街地MAPだけやってみることにしたところ、少しいけるかなって程度にはなりました。     日本サーバーは速く、数が少ない サーバーは日本にあるようですが、やってる人のリスト出すとPINGも出るんですけど、驚いたことに私、かなり上位の速い人でした。 いつもブレソでは遅いのにと思ってると、チャットで中国語英語版がかなり流れてたり、間違った英語だったりしたので、おそらく中国からのアクセスがほとんどなのかもしれません。PING100以上の人が半分くらいいるから。 なので普段ネット遅いと思ってる人でも結果として快適にやれそうw ですが、サーバーの数が少なくて、20あるかないか、一つ64人としてもこれではまったく足りなくて、MAPやゲームモードしぼると何もできない時間ができてしまいます。これ今後増えたりするのかな。     MAPに詳しくなると強くなる 2MAP程度ばかりやってると気づいたことがあって、拠点みたいなとこが敵に取られると、どこからどう行くかってほぼ決まってて、抜け道みたいなのも決まってるようなものなので、あらかじめ待ち伏せたりすることができます。他のチームの動き見てできることもあります。このいくつもルートがないことに気づいて、あと補給がどこでできるかとかを覚えたら、無駄に死ぬことが減ってきました。 逆に言えば時間経ったらMAP増やしてくれないと飽きることにもつながりそうです。     MMOよりMMOらしい面 とにかくがんばれば新しい武器とれるし、成長もさせられるしで、MMOみたいだなって思いました。 これは援護兵の専門技能画面。 今回のBF5はネット情報見ると、分隊長の役割が大きい仕様に初めてなったとあって、敵の頭上にロケットだかミサイルだかを大量に降らせることもできます( 一一) でもやってるうちにポイントたまっても何かしないとすごい怒られます( ノД`) こういうのってもはやMMOのパーティーとそのリーダーそのままで、進化がMMOに向かってるのかなと思って、MMOも新しい根本的な要素入れないと負けちゃいそうです。 ちょっとうまくなった程度でまだ下手ですけど、そんな感じでやってます。(*´ω`*)     PC業界を引っ張るFPS PCの販売台数落ちてもゲーミングPC売れてるという情報は結構前から出てますが、それはFPSブームのせいでそうなってると書かれてて、先端を行ってそうなFPSをしてみたくなる気持ちはでてきやすいですよね。 FPSは数年で新作が出るけど、MMOはその何倍も長く根本的に変わることはないわけで、その進化スピード、ハードウェアの進化などがすべてぴったりはまってるんだろうなって気がしてます。eスポーツもなんだかんだで結局FPSなので、FPSやってみたいなと思うのは、それが残忍なゲームであることを除けば、自然な流れと思います。 個人的にはそのうちやめるとは思うけど、しばらくはブレソの空いた時間でやってると思います。