a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

steelseries Tag

Razer huntsmanも良かったけど 光学スイッチゲーミングキーボードのhuntsmanを発売日以来使ってて、性能文句なしで故障もしてませんが、やはり青軸しかないという点がで文字入力は少なくともやりづらく、赤軸の欲しいなという気持ちは日々大きくなっていったのでした。 (追記 これ書いたあと、huntsman赤軸発表されました(゚ω゚))   大手Steelseriesから画期的磁力スイッチが! そんな折、もう次世代型スイッチから手を引いたのかなと思って諦めていた、あぁrazerさんに先越されたまま小さくなっていくのかなと思っていた(T_T)steelseriesさんから、なんと光では無く磁力を利用した、しかも多段階可変アクチュエーションポイントの超新型ゲーミングキーボードの情報が! というかこの流れ前も書いたことあるけどw Steelseries 公式さん情報: https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro 何年も開発してたらしく、しかも個人的に聞いたことのないスイッチで特許取得というこのスイッチ、赤軸系です。逆にそれ以外ありませんまたですかw発売日に買うことを決心したのでした。 光学スイッチに大手は青軸のみなのは、確実に理由があったんだと思います。青軸売れてないから。だけどその理由を説明してくれないのは非常に不満です。 ちなみに今まで一番長く使ってたのがApex M800で、キーキャップ壊れるまで使ってました。   Apex

今年の夏のお話になっちゃうんですけど、 SteelseriesのSENSEI Wirelessをずっと使っていて、以前書いた通りマウススイッチとボタンの距離がおそらく世界一短いためダイレクト感が高く気に入ってましたが、マウスボタンの戻りが結構お疲れになって来たみたいで、押したつもりないのにボスに突っ込む頻度が増えてきました(-_-;) そろそろ新しいものをと探すとSteelseriesさんからはフラッグシップ級のものが出てなくて、代わりに価格安いシリーズのRivalの種類が充実してて、そのフラッグシップ機としてRival700がありました。 https://jp.steelseries.com/gaming-mice/rival-700 このモデルの売りは横に光る有機EL液晶がついてていろいろできるとか、センサーとかを交換できるカスタマイズ性ですけど、私のやってるブレイドアンドソウルは対応してないので純粋なマウス機能しか使えないし、フラッグシップなのに光学センサーだけど、とりあえず買ってみました。 形は左右非対称なせいかかっこいいとは思えないけどw質感は高く、そして昨今流行りのボタンセパレートタイプらしくボタン表面が繋がってないんだけど、私が知る限りセパレートタイプのマウスは1社も無く、つぶれちゃったMADCATZくらいですが、MADCATZのはボタンが前後左右にフラフラしててよくなかったけど、このRival700は動きません。 おそらく裏で繋がってて結局セパレートじゃないのかなと思いますが、結構いいかんじなのでした。 横の光る有機EL液晶は使わないとはいえこんな感じで、 制御ソフトから画像変えることもできるみたい。 あとSteelseriesのソフトアップデートしたらマウスのプロファイル切り替えをM800からできるみたい。 よく書かれてるように非常に重いし、交換パーツはお店に置いてないし特に書くことないんですけど、とんでもないポイントが1つあって、それを書くためだけにこの記事起こしたのです。 それは、SENSEI Wirelessと同じDPI16000センサーですが、SENSEIはレーザーセンサーでこっちは光学センサーなのに、めっちゃスムーズで速いです。触ってすぐきづきました。 私は高DPIでちょっと動かすだけで画面全体をフォローする使い方をしてるため、自然とフラッグシップのマウスばかり買ってきましたが、数年前にDPI16000に到達したそれは各社レーザーセンサーだったから、レーザーすごいと思ってました。 ですが過去のSteelseriesの4Gamerさんのインタビュー記事にありましたが、特にレーザーセンサーが優れてるという事実は無く、表面つるつるだと光学式は読めないからそれができるためにレーザーを使ったと、一部のプロゲーマーの要望でそうしたって記事があったけど、机削れるよねwほんとかどうかと思ったけど、近年ついに光学式センサーが見た目の性能でも追いついたということだと思います。 それでもレーザーがいいと思ってたらこの差です。一体なぜこんなに。。。 RazerのDPI16000レーザーマウスは白い何かとHEX v2を持ってますが、同じDPI16000のSENSEI

K70 RGB RAPIDFIREが故障したので、高速入力対応のキーボードをまた探したのですが、RAPIDFIREの経験を活かすとちょっと違いますレベルではあまり変化がないので、もっと根本的に違うものと思ってると、キー自体が潰れているAPEX M800を思い出したのでした。 そもそも最初にこのブログにゲーミングキーボードのことを書いたのはこのM800発売のニュースを見てのものだったのですが、今や2年前のキーボードでちょっと考えたけど、またこれも縁かなと思って買いましたw キー自体の高さが短いので必然的に高速入力になるという物理的な仕組みで、スイッチはSteelSeries独自のQS1、キーの中心にLEDが埋まっている構造で、このLEDがセンターにあるものはLogicool

https://steelseries.com/gaming-mice/sensei-wireless SteelSeriesとの出会い 長年価格的に高めのゲーミングマウスを10個くらいは買ってきたのですが、ブレソでMCすることを真剣に考え始めてからはゲーミングマウスのLB/RBボタン性能にこだわるようになってきました。 ちょっとでもふわふわしたりボタンが横にずれるような感覚があるとMCできないくらいすべてを指先に集中しないといけないし、なぜかRBが壊れたり、押しにくくなったりとゲーミングマウスなのに不具合が起こるものも出てきて、自分にとって理想のマウスはないのかなと真剣に考え始めました。 LB/RBに限って言えば、どのメーカーもマイクロスイッチというスイッチを外側のボタン部分の下におそらくバーみたいなものが出てて、それでスイッチを押してるんだろうと思うんだけど、4Gamerさんのマウス解体写真見てると大抵底の基盤にスイッチついてるみたいで、そこって上からは結構距離あるから、ここの距離が長いから押した感じが変なマウスあるのかなって思って、 そう考えるとこの距離が最短、つまりマウス先頭部分が薄いものだったらいいんじゃと思って、1社だけずっとそういう形のゲーミングマウス作ってるとこあること思い出しました。それがSteelSeriesです。 SteelSeriesはAIONしてる時にマウスパッド売っててその名を知ったけど、それ以外一切無かったからマウスパッドメーカーだと思ってて、これしか作ってないのに気合の入ったロゴだなとか、布パッドなのになぜSteelってついてるのかなって不思議でしたw その後だいぶたってマウスも日本で販売されるようになってゲーミングマウスメーカーだったことを知ったんですけど、ぜんぶ同じ形で前方が薄く、持ち手がマウスに合わせるしかない感じで、こっちに合わせてくれないというか、非常に特殊な形なのと、 ゲーミングマウスってかっこいい押しの強いデザイン多い中、ここだけ見た目普通っていうのもあってさんざんいろんなゲーミングマウスメーカーのものを買ってきたけどここのだけ買ったことはありませんでした。 先の理由から買う前提でいろいろ触ってみるとやっぱりマウスボタンの感覚は非常にすばらしく、でもあまりに前傾姿勢なため押せる自信がなかったし、モデルによって形似てても傾斜と幅と高さが結構違ってて、どれを買えばいいかもすぐに決められませんでした。 とりあえずボタンのとこが一番薄いのはSENSEIシリーズっぽいのがわかったとこで、結局こういう時は一番高いので間違いないっていう素人判断で選択するしかなくて、でも一番高いのってワイヤレスだったんですよね。だから高いけど買っちゃいました! それがSENSEI WIRELESSです。 SENSEI WIRELESS 4Gamerさんの記事はこちら! http://www.4gamer.net/games/037/G003732/20140523073/ ちなみにSENSEIは、ほんとに日本語の先生の意味なんだって!海外では師範代みたいな意味で捉えられてるとか。4Gamerさんの別の記事にのってた(*´∀`) 制御ソフトの画面はこんな感じで非常にかっこいいです! レーザーセンサーで8200DPI、マウス内部で倍にする処理を使うと16400まで上げられるという、今まで買った中でダントツのDPIなんですけど、よくDPI関係ないって言うの見るけど私はそう思ってなくて、ゲーム内オプションかWindowsのマウス設定でどうにでもできるけど、あれって整数倍に増やしてるだけで、視点回転した時にカクカクなるんだよね。 センサー自体の出力が細かいとそれが起きにくいはずなんだけど、FPSゲームはスムーズなのにMMOでスムーズになるのって多分無いんだよね(T_T) でも理想に近づけることはできるので、マウス側DPIを最大にして、ゲームオプションとWindowsマウス設定でできるだけ補正かけないようにしてかなりスムーズに視点回転できるようになりました。 ほんとは一切マウス自体以外で補正したくないけど、それやっちゃうとゲーム終わってWindowsに戻った時にマウスポインタがちょっとしか動かなくなるから少しは調整しないとだめみたい。 肝心のマウスボタンに関しては、外装部分がこんなに薄いのないってくらい薄いプラスチックとスイッチへのダイレクト感もあって非常に良く、ボタン外装がうすすぎるせいで押したボタンの戻りが悪いこともありません。 でも反応が尖すぎてブレソで飛んでる最中に押したつもり無いのにRB押したことになって落下攻撃打っちゃうこともあるくらいw 手をかなり前に持って行かないといけないとこは慣れるしか無いかなと思って、私も時間とともに慣れてきた感じで今では問題ないけど、最初は誰でも戸惑うと思いますが、なれた先に得られるものもあると思います! ホイール下のボタンは一般的にはDPI切り替えボタンで同様のものがこれにもついてるけど、2パターン記憶可能でそのパターンを交互に切り替えるボタンなので他社のものとは厳密には違います。2つの設定は完全に独立してるので自由度は高いけど、3つ4つは設定できないです。 使い続けて気づいたこと ワイヤレスなので充電基地みたいなのが付いてて、これがすごくかっこいいし、金属製で光るし最高なんですけど、充電端子が小さい針みたいなのがバネでマウス載せるとあたるみたいだけど、力が弱いし小さいから不安を感じてたらやっぱり数ヶ月使ってると充電できてないことありました。 掃除するにもマウス側も穴が小さくて難しく、Razerが立て掛けのベースだったのはマウスの重さが下に集中するからかなって思ったのでした。 専用ソフトでマクロも設定できるけど、この画面が素晴らしくて、 なぜマウスにここまでの機能がと思ったけど、SteelSeries製品全てを一本でまかなってるからキーボード用に開発されたような画面が使えるってことみたいで、すごく得した気分ですw ところがこの専用ソフト、PC起動時に裏で動いてるのはどこの製品も同じと思うけど、たまに起動できてなくて少なくともマクロ死んでる時あって、この時手動で立ち上げても失敗します。なのでPC再起動が必要です。 頻度は3ヶ月に一度くらいなのでそうあることじゃないけど、なんだか気になります(>__