a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

Epica's blade and soul diary

DOOM ETERNAL PC版 攻略日記#6 個人的まとめ☆

DOOM ETERNAL(PC)個人的まとめ

想像以上に長期間遊べたDOOM ETERNAL、PS3とかで難易度EASYでクリアしたら終わり程度のFPS歴しかなかった私としてはこんなにはまったFPSは過去になくて、見た目の凶悪さからは想像つかないゲームでした。

通常の選択できる難易度最高Nightmareまで全難易度で遊ぶことも想定してませんでしたが、自分の中でも一応の終わりといえるところまで来たので個人的なレビューを書いてみたいと思います。

 

このゲームの特徴

このゲームの特徴を書いてみますが、やったことある人なら誰でもわかるお話ですけど、この特徴が別のことを起こしてる要因とも思うのでまず書いてみます。

・マリオみたいなジャンプしたりダッシュしたりのアクションが豊富

・武器種類が非常に多くて、さらに各武器に2系統の強化MODルートが存在

・難易度上げるほどに敵の攻撃速度、移動速度、自キャラ被ダメージが目に見えて増え、何でもないレベルから凶悪レベルまで自由に遊べる

・弾薬とHP、アーマーは敵を倒すことで得られる

・グレネード、弾薬取得チェンソー、ルーン効果は時間とともに回復する

・MAP進むにしたがって成長する仕組み

・戦闘は閉鎖されたエリアで行い、これが1マップに複数存在

・面?は非常に多くて13もある

・難易度上げて攻略時間を競うSPEEDRUNができる

 

こんな感じですけど、特徴が欠点になりえます。それが特徴と感じてます。

 

特徴について思うこと

非常に特徴的なDOOM ETERNALですが、人によってはその特徴が同時にマイナスにもなりかねない気がしています。

 

サーカスのようなアクション

ダブルジャンプや棒つかまりアクションがどこででも自由にできると高難易度でもやりやすいという事実はあると思います。プレイ動画みても上手なひとはここも上手なので。

ですがそれができなければ高難易度で遊べないという壁にもなります。基本的に道をあるくと危険なゲームなので、道がないところに道を見出す必要があると思います。

 

武器MOD楽しいけど選択やり直し不可能

DOOM ETERNALやり始めるとすぐに武器MODルートどうしますかと聞かれ、それが続いていくんですけど、2者択一のどっちがいいかまったくわかりませんし、HINTもないので適当にみなさん選んで、1回クリアしてからMODの意味わかるとかじゃないでしょうか。

これ途中で気づいてもルート再選択できないので、そのままゲームクリアまで行くしかなくストレスです。DOOM要塞の奥で必要なもの交換取得できるけど個数少なすぎ(たしか2つ程度)と思います。

そもそも武器MODにまったく不要なだれも使わないものまで含まれてるのもすごく気になります。

 

高難易度で遠距離処理必須

今回まとめ書いたらおしまいのつもりで書いてますけど、最初に書き始めた時から上手な人が遠距離で敵倒してること書いてて、そこが非常に重要なのが終わってからでも変わらない印象です。

そしてこれ普通絶対できないと思うのと、それを習得する学習ルートなどが13面もある長丁場ゲームなのにまったく用意もされてなかった点が個人的に一番さびしかったんですよね。

高難易度でやることは一言で表現できて、あらゆるFPSに飽きた上級者向けという表現です。でも練習して上手になりたいとか、そういう人にも伝わる末広がりな感じもほしかったなと勝手に思ってて、そう思うくらいよくできたゲームでした。

そもそも遠くの敵狙えるのってバリスタくらいであまり用意されてなくて、拡大スコープないとよく見えないんですけど、それがあるのプレシジョンボルトだけで、大変です。ロケットも遠く狙えるけど最大ダメージ出せるロックオンで遠く狙っても敵動いたりで当たらないこと多く、実際には中距離近距離できしか使えないと思いますが、そこを何とかするという壁があると思います。

 

すべてがCTに支配されている

やり続けてしばらくして誰もが気づくのは、チェンソーとグレネードが一定時間たつと使える状態になるというキャストタイムがあることですが、

難易度どんなに上げてもこのCT同じなんですけど、あれだけ強力になるんだから難易度に反比例して短くなってもいいんじゃとおもいましたw

わかりやすい例えでいうと、Youtubeに上がってる超上級者の複数の方がアイスボムCT回復するまで待つことをやってたことで、CTでブレーキかかることかなり多そうです。チェンソーCTのせいで撃ちまくることもできず、何がどこまで撃てるかは、やってるとなんとなく見えてくるんですけど、結果として我慢すること多いバランスになってます。何も考えず撃ちまくることが絶対できない設計です。

 

難易度上げると前半の方が後半より難しい

13面もある長いゲームですが、どう考えても最初の方が難しいですw

理由は使用可能武器種類と武器MOD、ルーンなどすべてが面クリア進めると選択できる成長システムのため、最初が一番自分が弱く、それでもEASYとかならできるけど難易度上げると序盤死にまくって全然すすまないです(-_-;)

HPもアーマーも増やしていく仕組みなのですぐしんじゃうし最初。ほんと苦労しました。

後半の方が当然難しい仕込みになってるけど、以前書いたようにスーパーウェポンを使う場所が想定されてるので、それで一気に殲滅できます。序盤はこれもできないので、結果として序盤が難しいです。

序盤が難しいこの問題により、難易度上げてまたやり直そうという人は減るんじゃないでしょうか。

 

セーブポイント

13面もあるとはいえ、その面の中に複数チェックポイントあって、途中で死んでもそこからやり直す仕組みで、まあ普通じゃないですか。

でもまさかボス級倒した後、雑魚にお触りされて誤って死んだらまたボスの前からになるとふつう思います?( ゚Д゚)

もちろん全部じゃないけど、チェックポイントの切り方絶対おかしいとこあるよね何か所か。。。

 

自分と無関係なはずのSPEEDRUNに救われる

このDOOM ETERNALやってネットの動画見て、初めて全面クリアタイムを競うSPEEDRUNという世界があることを知ったのですが、一度死んだら終了モードでは私はできないので当然やったことはないですし、まあ普通の人はしないよね。

でも道に迷ったり敵の倒し方わからないときに動画検索してHITするのはSPEEDRUN動画だけで、逆に言うとSPEEDRUNできないゲームだったら動画UPされること少なかったんじゃないでしょうかDOOM ETERNAL。

断片的にUPしてもその場所がなにか知らない初心者だとキーワードもわからないけどSPEEDRUN動画は全13面収まってるから頭出しするだけでみれちゃいます。

 

終わってから思うこと

飽きるまでやり終えて思うのは、DOOMが発売されて数年後にDOOM ETNERNAL出たらしいんですけど、ETERNALって言葉がついてるということはもう次はでないのかなということです。

知らずにDOOMが同梱されているものを買ったのでDOOMもちょっとやってみたんですけど、もはや全く別のゲームですぐやめちゃいました。

できれば出してほしいけどDLCでいくつか追加されるらしく、まずはそれなのかな。

あと、もともとFPS下手だから練習のためにDOOM ETERNALやり始めたんですけど、週二日ほどのペースで1年やっていたBFVがうまくなるかなと思ったらAIMできなくなってやめちゃいました。ゲーム間でマウスの感度とか見え方とか撃てるタイミングとかの微妙な差から、これがうまくなるとほかもという関連性はなさそうに思います。勝手にそう思ってただけなので大したお話ではないですけどw

一応似た系統というかメーカーというか、そんな感じでWolfenstein Youngbloodもこの後やってみましたが、これも独特すぎて今は最初やってすぐやめたCODMWに復帰してます。

 

個人的評価

DOOM ETERNALの個人的評価は、

ノーマルレベルまでなら☆ ☆ ☆ ☆ ☆

それ以上の難易度なら☆ ☆ ☆

といったところです。

見た目怖すぎて敬遠されるところあると思うんですけど、売れてるとはいえもっとやったことない方に遊んでみてほしいなと思います。

 

今までやったソロFPSで一番面白かったです!こんなゲーム作ってくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

でわでわ!

Add Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。