a

Lorem ipsum dolor sit amet, elit eget consectetuer adipiscing aenean dolor

10月 2019

始めるまでが大変MW なぜか今もBFVしてますけど、チーターが増えるばかりで新しく出たCOD:MWに興味がわき、基本少人数VSのようなので自分には合わないかなと思ったけどやってみようと思いました。 ところが、買うことはBlizzard公式から簡単でしたが、その後大変で、GoogleIDでログインすると失敗、PASS変えても失敗、そもそも公式ページからBattleAppその他必ずダウンロード失敗の繰り返しで、別の場所からBattleAppダウンロードして成功しました。 それでもGoogleID経由だと秘密の質問まで聞かれて、しかもこれ最近増えてるのにその前の質問しか出ないから選択できなくて悩んでると、別に進まなくてもBattleAppからログインすればできました。 ダウンロードサイズも140Gくらいと巨大ですが、なんとか始めることができました。   64人モード 大人数はBattlefieldに分がある歴史のようですが、今回それが加わったことが大きいようですが、そのMAPは2つしかなくて、人数も48人だったりもするみたいで、MAP選択もできません。 これ今後増えるのかな少ないなというのが実感で、BFVはほとんど64人MAPです。CO-OPモードとかまったくマッチしないしそれぞれがそれぞれの遊び方してる感じもないのですが。 細かい違いを語る立場でもないけど、銃で攻撃する感覚に興味あったのですが、ぜんぜんぶれないですよね照準。BFVは暴れ馬でしたけど。しかもみんな胴体撃ちしてるみたいで、BFVはヘッドショットじゃないと事実上倒せないレベルなのでそこは簡単なのかなとは思いました。BFV敵全員上手すぎてこっちの頭狙ってくるので。。。 武器はLV上げしないと何もガジェット選択できないのでとにかくするしかないけど、育ってくると超つよくなるよね武器(*´ω`*)でもスコープも選べないのでほんと最初はきついです。BFVは全倍率最初から選べたのでらくちんだった!   外見女性の選択肢が少ない やっぱり女性外見でしたいけど、2つ勢力あって1つが3人、あと一つは一人しかなくて解放条件満たさないとだめ、しばらくおじさんでがんばります(´・ω・`) 女性はしないゲームなんでしょうかCODシリーズ。BFVはすごい選べたんですけど。 あとMAPの両勢力開始位置、固定みたいでこっち簡単ってのあるみたい。きのせいでなければ片方だけ人数多くなっちゃうね一応優先ってかいてあるけど。   すごく気になる点 まずすさまじいプチフリーズだらけで驚くのですが、他のゲームしてもその気配あったから同時にCODMW対応の最新にしたNVIDIAドライバのせいっぽく、改善待ちするしかないです。 LAUNCHERの広告がネットワークエラーになるとか実害ないけどなんか不安。 そして最大の難題がキャンペーンモードがディスクエラーでてできないことですw これ海外にも同じののってたけどidxファイル消してOptionのスキャンと修復って情報あったけど、容量小さいの消しただけで100Gダウンロード始まったので諦めました。 なのでキャンペーンクリア実績でキャラ外見開放もあるのにできないです(ー_ー;)まあおじさんだからいいけど。 これ待ってたら改善するんでしょうか。しないんじゃないかという気も・・・ と、いろいろあったけど週に何度か程度してから続けるかどうか考えようかなと思ってます。 BFVはCODMWに合わせて太平洋戦争実装という、個人的に興味がない大規模アップデートするみたいだけど、チーターが日に日に増えててゲーム自体厳しくなってきてます。それがCODMWやってみた理由でもあるのでした。 自作PCしてる関係でゲーミングPCがどんどん売れてる理由がFPSブームだとしってから興味持ち始めたけど、チートで荒れ放題ほっとくと収束しかねないよねその勢いすら。改善してほしいです。

瞬殺ソロIDばかりの中で 新職の練習としていつもやってるソロID、なんと投影の寺院まであっさり、しかも師匠なんて初クリアで迅速でした(╹◡╹)ワーイ って練習にならないじゃないですか!! 昔に比べたらHP減の修正入ったとの噂なのでしょうがないです。困るのは、こうなると今でも最新の神器修練場に挑戦せざるを得ないことで、ここだけは別格だから装備を整える必要があり、その時点の貰い物装備では無理なのでした。 私はIN時間が少ないので、課金箱にちょっと手を出し、そこから出るトークンみたいなのの計算間違っていっぱい溜まってしまったので鳥魔アクセ10と太天アクセ10を1つずつ取り(╹◡╹) よく見たらいきなり10段に育ってるの取れるけど、ブラックホールが目の前に現れても触ろうとは思わないのと同様に、この件触れませんけどw 漆黒募集あって行かせてもらって鳥魔宝貝解放! ジュリア宝貝1、2をNPCから、3をイベント鋳貨で、あとは素の1段のアクセ達、腕輪はどこ産かわすれちゃったけどヤンサつかうのを成長させて、 これは素材の方。 そして武器をコンリン武器1段に。 ブレソの漢字は無駄に難しいので入力できないよ( *`ω´) 外見はみただけでコンリンとわかるいつもの感じですが、放置してると勝手にふにふに動きますナマコみたい(´・ω・`) 私としてはこの辺りが装備上げ限界というとこなのでこれで神器修練場行ってみると1、2NM討伐できるもののすごく時間かかってて、とにかくここ苦手でヘタだしw でも行くしか無いのでおこもり開始。 やりたい操作がすぐにできないし、スキル回しも適当です。 まずは開幕ため技Xもくさびもたいしたことなく、長い戦いになりそうな予感から始まりまして、 ミョーランのパターンはここくるの4職目なのでわかってるけど、そうは思えないほど吹き飛ばされ、死に至るデバフ満タンの連続でした(T_T)   便利で不便スキルも 飛ばされるとちょうどいい具合に2番スキルで後ろに回避付きジャンプするからこれで戻ろうと思うじゃないですか。 でも向き変えても変える前の方向に飛ぶことあるし、 これもノンターゲットスキルだから勘で画面外のミョーランがいると思われる方向に向かって飛ぶしかなく、 そうするとミョーラン目の前に着地、足りないんだよね距離。しかも位置適当だし結局。視覚的にすごい距離飛んでるように見えますが、そんなことないんだよね。 カモさんがネギ背負って目の前に来た感じです(*´-`) しかも!このスキル、普通回避技って使うと足早くなること多いんですけど、ならないので、あらかじめLBかかってないと鈍足でほぼ確実にヒットします。 なので2を使ったらもうダメスキルになってます自分の中で。   状態異常3種可能 そしていつも難関の状態異常技2種2連発の例のとこ。 ミョーランのバリアが緑の時はダウン→気絶、青の時はその逆ですが、この前に1つ状態異常技を打たないといけない攻撃あって、CTで打てず積むことが連続して起こりました。 これはブレソのソロIDで珍しくない現象で、DPSによっては発生しませんが、ぎりぎり倒せそうな装備だと今起こるみたい。 1→Vのダウン、1→Cの気絶しかないけど、CT短縮ルートあるかといろんなセット試すも無くて、でも単独Vでグロッキー出せることに気づいて、それをバリア以外のとこで使うことでようやく進むようになりました。下の3段目を2にするとVグロッキーです。 ちょうど先日やっと銃撃士でここクリアしましたが、DPSが弓より高いため現象出ませんでした。銃撃士はほんとに2つしかないけど。 1を押した後にVかCはいいとして、それ押したというアニメーション出なくないですかw わからないんですよね何押したか何が入ったか。すぐ1解除の関係ぽいけどこれは初心者さんお断りレベルで優しくないよね。入ったかどうかいつもドキドキでした。   鈍足問題 そして最大のミス原因は、先に書いちゃったけどLB打って6秒間足速くしないとどんな攻撃にも当たるくらい足遅いことで、これにより当たったらデバフ3回とか溜まって終了確定の攻撃に当たってしまうことでした。 特に周りを周りなら攻撃するところでは、途中で鈍足になるからLB前進打つと吹き飛ばし範囲に触れること多数。でもそれでも打たないととても歩いてよけれません。 このID適性時に剣術士と遅れて拳闘士でクリアしてますけど、通常の徒歩でそんなこと起こったことないので、弓って足が遅いんじゃないかと思わざるを得ません。 この対処は、運かな。。 LBのモーション重いので、それを打つことで攻撃受けてしまうこともあり、不慣れな今では賭けでした。足遅いとどんな攻撃にも当たります。 LBはCT中途半端に長いので、CTあけたかどうか分からず、不安なのでとりあえず適当にLB打ちまくってると、でちゃいけないとこで前進することにもなってしまいます。 ここ、初めて剣術士と拳闘士できた時もデバフ痛すぎって散々書いてるけど、私の弓ちゃんもめちゃめちゃ痛すぎて、1スタックしたらもうダメでした。それだけで死なないけど統計的にそうでした。 デバフって防御で防げず再生でHP回復上げて対処するものなんでしょうか。いまだにわからないですが、いまペットの強化できる素材無くて3段だからコレが原因。上げたい時に装備を上げれないの悲しい(T_T)   防御はやはり優秀 最初見たときから優秀そうだった1防御スキルやはりそうでした。ミョーランの全方向から攻撃してくるとこも、向きを変えたら防御できます全部。 ただし防御時間は普通の剣術士より短く、途中で押し直しが必要で、うまく繋がらなかったらミョーランにけっとばされます(T_T)なのでコツはありますよね。   なんとかクリア デバフ瞬殺されるばかりでクリア手前まで行くことも数回程度しかなく、すごい大変でトライから1日半かけてようやく倒せました。 指が痛いです!   スキル回し ため技Xは即打ちしてでもとにかく使うようにし、Cも忘れずに打ち、できるだけ散弾弓の回数増やすことを念頭にスキル回ししました。 Q/EがCTで使えないことはごく稀にありました。Q/E連発できても一発目がCTなら当然出せず、あまり意味を感じません。連続出しするとL字にまがれたりする程度。 スキルの説明文が他職に比べて多く見えるのは、要は何かすると100溜まって散弾出せるゲージがちょっと溜まりますとやたらと書いてあり、銃撃士と同じに見えますが、 銃撃士の炸裂弾は、別途その目的専用のスキルで補充するのが当たり前だったので、弓とは全然違うと思います。銃士ちゃん日記にずっと書いてきたけど、こういうの溜まるの待つのって、すごいすごいストレスです。 なぜ貯金システムなんでしょうか。他職は単なるCTです。 頑張ってもDPS出てるわぁ、という感じにはなりません。当然装備のせいもあるけど、やはり平均DPSを平坦に出していく職の印象で、最初に弓に触れた時から変わる印象がほぼありませんでした。   また、FF14でGCTと言ってた、何かスキル出すと全ボタン押せない時間ある、それみたいなのブレソにもあるわけですけど、ブレソの場合、そのパターン多すぎて説明できないですよね。よく見てるといろんなこと気づきます。 この図のCのとこが時計みたいな高速影でて押せないけど、こういうの弓おおくないかなって。 他職よりそうなってるような気がするんですけど、気のせいだったらいいのですが。   というわけでミョーラン討伐成功し、弓としてやりたかった目標も終わってしまい、寂しくもあります。 今後は少しづつ装備上げていく程度で特に目標かかげることもできないけど、第3系列スキル解放も最新の職だから付いてるのかと思ったらなかったので、その実装時期もすべての職の最後となるはずで、しばらく弓を取り巻く環境も変わりそうにありません。 最後に弓についての個人的感想をまとめてみようと思ってます。でわでわ!

Razer huntsmanも良かったけど 光学スイッチゲーミングキーボードのhuntsmanを発売日以来使ってて、性能文句なしで故障もしてませんが、やはり青軸しかないという点がで文字入力は少なくともやりづらく、赤軸の欲しいなという気持ちは日々大きくなっていったのでした。 (追記 これ書いたあと、huntsman赤軸発表されました(゚ω゚))   大手Steelseriesから画期的磁力スイッチが! そんな折、もう次世代型スイッチから手を引いたのかなと思って諦めていた、あぁrazerさんに先越されたまま小さくなっていくのかなと思っていた(T_T)steelseriesさんから、なんと光では無く磁力を利用した、しかも多段階可変アクチュエーションポイントの超新型ゲーミングキーボードの情報が! というかこの流れ前も書いたことあるけどw Steelseries 公式さん情報: https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro 何年も開発してたらしく、しかも個人的に聞いたことのないスイッチで特許取得というこのスイッチ、赤軸系です。逆にそれ以外ありませんまたですかw発売日に買うことを決心したのでした。 光学スイッチに大手は青軸のみなのは、確実に理由があったんだと思います。青軸売れてないから。だけどその理由を説明してくれないのは非常に不満です。 ちなみに今まで一番長く使ってたのがApex M800で、キーキャップ壊れるまで使ってました。   Apex Pro購入と開封時の驚き というわけで発売日にゲットし、もう何台目のキーボードかわからないくらいなので開けるのも慣れたものですが、まさかシール四つ外さないと箱あけれないないなんて思いませんでしたがw 基本開封の儀的なものにあまり興味ないのですがびっくりしたことあって、なんと超絶軽いですキーボード本体が! いつものつもりで力入れて持ち上げるとバンザイしかねないほど軽いです。 プラスチックなのかなと思ったけどアルミ製ってあったからよく見ると、ペイントされててわかりづらいけど確かにアルミ製。。他社のCorsairを真似した金属プレート系キーボードの半分くらいしかないんじゃないでしょうか。 eスポーツ的なことで持ち運びする方には最高のものとなりそうです。フラッグシップを持ち運べる喜びが(*´∇`*)   キー感触 キーの感触は普通のCherryMX赤軸です。45cnって45g?一般的なバネの重さです。 打ち込むとカンという音するのも普通です。   最高耐久度の安定のCherryMX互換キーキャップ 大きく書かれてませんがキーキャップはCherryMX互換で、強度に問題ありません。 ここは個人的に重要で、中心が光る筒系統の独自キーは接触部分が微細すぎて必ず壊れます。 きっとSteelseriesさん自身それに気づいてAPEX M800のバリエーションと後継が全くでなかったんだと思ってます。 以前からCherryMX互換キーキャップのrgb対応の欲しくても何故か売られることなかったんですが、すごく最近お店に出始めました。これでWASDいつ壊れても安心!(╹◡╹)   磁力センサーOmniPointスイッチ/APC 磁力センサースイッチによりアクチュエーションポイントを0.4mmから3.6mmまで10段階設定可能、他社でAPC可変は知る限り東プレさんしかなく、それでも3段階です。私もゲーミングじゃない版東プレApcの機種持ってます。   有機ELディスプレイ搭載 キーボード単体でアクチュエーションポイントやRGB設定など可能、DISCORD連携機能あり。モニタくっつくこと自体は液晶大画面でMadCatzさんが昔やっていたと思います。これも持ち運び運んだ先で便利かなと思うので、eスポーツ向け機能と思います。 最近よくeスポーツ用という言葉見るけど、具体的に何がどこがと思うこともあるんですけど、Apex Proに関しては言葉に嘘はないと思います。 ただ、見た目で分かる通り相当使いづらそう(T_T) Windows上からEngine3で制御する場合はプロファイル変更するときにここにそれが表示されること程度しか使わないと思います。 表示ロゴを変えることもできます。これは以前私も使っていた有機ELディスプレイ搭載マウスRival710同様です。   本体は航空機グレードのアルミニウム製 軽い理由はこれだとは思うんですけど、アルミだけにMacbookとかみたいにざらついてて、よごれがこびりついたらどうするのかなという不安はありますが、見た目プラスチックで押しも控えめ、それがポイント(*´ω`*) 他社のはみんな激重なので鉄なんでしょうか。ぜんぜん考えたことなかったです。    その他は一般的な製品と大きく変わらないと思うので、これから実際にさわっていじっていきます。   RGB非常にきれい 最近のCherryMX RGBぽいものはどれもきれいなので、これも非常にきれいです。 また、文字が大きく読みやすいです。 左上のUSBポートが光ってて、暗いとこでも場所探しに困りません。細かいですね! 横から見るとこんなかんじ。    日本語キーボードのキー配置が特徴的 英語キー配列も同時に売られてたけど、日本語配列にしました。理由は英語キーボードっぽくてそれでいいかなと思ったからです。非常に特徴的です。 スペースバーが長く、普通無いよねこれ。その分CTRLが小さいけど私の使い方上問題ありません。 また、右ALTが無いメーカーさんも多いけど、ApexProにはちゃんとあります。 フルキーマクロに今時どこも対応してるけど、それを起動する意味で余計なキーは必要、勝手に削除して欲しくないですもったいない! そういえばsteelseries Apexフラッグシップは薄型キー、マクロ専用キーが特徴でしたが、全くなくなりましたね。あのQS1が良かったかと言われるとそうもいえないので順当かなと思います。   アクチュエーションポイント0.4mmの実際 アクチュエーションポイント0.4mmという数値自体は世界最短で、しかも圧倒的なスペックで、近い性能の他製品すらありません。逆な言えばほんとかなみたいな気もw APC可変設定は全キーではないようですが、ゲームで使用する部分においてはフルカバーされてます。キー個別に設定可能です。 10に設定すると本当に下にあたるまで押さないと反応しません。フルストロークで設定できるみたいです。 やはり0.4mmという世界最短APCを試したくなるので、すべてそう設定してゲームしたりしてみました。1が最短です。 確かに反応いいです。ですが光学スイッチのRazer Huntsman、TESORO Gram SE SPECTRUMと比べて同等と感じますが、青軸ではないため、結果として速く感じます。 それよりも、いろいろ使ってると押して無いキーが押したことになることに気づきます。4を押したつもりでその後Eが押したことになることがありました。ちょっぴり触れるだけで反応してるの間違いなく、指の経路が危険です。 この設定で文字うちしても同様の事が起こります。ゲームに特化した設定ということだと思いますが、間違って押すからとそのキーだけAPC設定変えるなんてことしはじめるとこれだけの数どうするのってのもあるし、優先的に押したいキーWASDは0.4mmにして、それ以外はそこまでじゃない設定にするとかこつがあるんでしょうか。 また、キーをゆっくり押し始めると、やはり0.4mmより長い位置で反応してるようで、1mm近くのマージンが取られていると感じます。触っただけで反応しても困るからきっとそうだろうとは思ってましたが、他社と測定方法が違うとかないのかなという気もします。   0.4mmはプロ設定? その後一週間毎日使ってました。WASDだけ設定1、その他設定3で。 ですがその4つのキーだけでも押し間違いが出て、どこで使える性能なのかわからなくなったのですが、 おそらくそれができるのってほんとにプロ級の人で、普通の人だとダメなのかもって思ってます。 間違いなく世界最短アクチュエーションポイントなので、それが必要な方には唯一の選択肢です。   磁石で誤動作することを確認 このページで磁石近づけたらどうなりますかとご質問受けましたので、100円の強力磁石(自称)を購入、パッケージに入ったままキーの上にポイッと乗っけたところ、 しばらくして勝手にdキーがリピートされ、今設定でWASDだけ最短アクチュエーションポイントなのでそれも関係ありそうですが、何か押してたら止まったけど、PC再起動するまでdキー無反応でした。 戻ったけど怖かったですw   まとめ まだ短時間しか使ってないけど、個人的に青軸から赤軸にしたかっただけだったりしてますからその点で満足してます。 が、買ったあとにRazerさんが赤軸Huntsmanを発表したんですよねwこれだけ長い期間青軸だけだったから出ないと思ってたのに・・・ Logicoolさんはキー取り外しできるものを出してきました。突然。 ちなみにTESOROさんの光学スイッチのも取り外し可能でしたが、根っこが壊れて交換してもダメだったので、この構造が耐久性高いとは思ってませんw 一気にいろいろ面白そうなものが出てきて目移りしがちですけど、数値性能とゲームライフ充実は必ずしも一致することではないので、個人個人の求めるものにあった選択を自分でしていくことが必要なんだと思います。 制御ソフトは一つしか入れたくない主義なのでマウスもLanceheadTEからSENSEI310に変えました。 私自身はマウスとキーボードを一番長期間使用しているのが Steelseriesさんなので、戻ってきたような気持ちです。 これから使っていきます!(ノ´∀`*)