地獄のピザ対策、うさピョン方式!

投影の寺院のラスボス、みんな大好きホン・ドウゲン師匠!このステージの最大の壁はなんといっても4回を1セットとして3回も襲い掛かる触れるだけで即死する青いピザですが、とにもかくにもここのやり方がわからず、完全に詰んでました。

まず師匠がかめはめ波みたいなのを右か左かどちらに打つかがランダムで、それを読まないといけないんですけど、最初は玉を持ってる方の逆とみてましたが、角度によってはどっちかわからなくて失敗。

次にTwitterで肩とか背中をみるといいよって教えていただいて、さすがに背中はわかりやすくてこれでちょっと進んだんですけど、どうやら徒歩では安全地帯に移動するのはこのタイミングだと無理なことが多く、結局かめはめ波最初のモーション、つまり両手を組んだ方向の逆が安全地帯っていう見方をしてからだいぶ楽になりました。

ところがこれでも結局ダメで、理由は超緊張してるから右か左かもうわかんないんですよねwそもそも変身前の師匠は色白なのに変身後の師匠はは真っ黒の肌で、奥行き掴みづらいです(>_<)

冷静になれないです1度もクリアしてないからその時点で。。。

これが4回*3回もあるなんて絶望しかなくて、でもYutubeの動画見るとなんか簡単そうなんだけど、実際自分ではやれないんだよね。

だけど、失敗してもカバーする方法がもしあれば、と考えました。

そもそも直線範囲攻撃になぜノックバックがついてて、その直後に即死ピザができて、しかもよくみると即死エリア表示された後にちょっと安全地帯が広がってたりするのか。この仕組みになにか意味があるのではといろいろ考えながらやってると、

失敗方向に移動しても安全エリアに直線範囲攻撃直後にまたいで移動すればいいのではと考え、やってみたところ、なんと1発成功しました!これならいけそう・・・名付けてうさピョン方式!

まず最初に師匠がどっちかに打つのは吸功されるのでさすがに間違えないわけですけど、

まあたまに間違うけど(`・ω・´)

安全地帯の真ん中に移動しますよね普通。右か左どちらにきてもいいように。

1

だけどこんな感じに安全地帯左なのに右に行っちゃったりするわけですよw

2

その後、直線範囲攻撃の一瞬後に安全地帯にむかって飛び越えます。

3

着地地点で即死ピザに触れてるように見えますけど、実はこれニセの即死エリアでその後無くなります。なんでしょこれ。。。

4

ほら成功!!

5

これたまたま見た動画でも誰もしてないからオリジナルなのかなと思うんですけど、難しい問題があって、その後今いる側が即死エリアになる場合、安全地帯がなくなるんだよね。例えばこんな感じで左が即死エリアになる場合。

6

これもうさピョンで反対側に行けるんだけど、

7

こうなって一見失敗じゃないですか。でもさっきのニセエリアなので、

8

なぜかこうなってぎりぎり立ってられるわけです。成功?

9

でも次に撃ってくるのが右側即死ですよwもーだめーーーーー( ノД`)

その後ちんじゃったのでした。

10

なんてことにならなければ、つまり師匠が同じ側ばっかりうってくれればクリアできるけど、もっと確実にいけないのかと毎日攻略し続けて、

コツをつかみました!

こんな感じできて、

11

右半分即死エリアになっていつものピザ4分の1が余るわけですけど、このとき今打った前のピザの辺に沿ったとこにいればOK。

12

なぜなら古い場所はその後の吸功するようなタイミングで消えるから、全部安全地帯になって右と左どちらにもスペース空くからです。

13

どうしても空いたスペースの真ん中に行きがちですけど、それを誘ってる仕様になってて、そこにいるとその後どっちに打つかで安全地帯なくなるんだよね。

そしてその古い場所にいる為のコツ、これが一番重要だけど、中心の師匠に向かって回り込むように最大の角度がつく移動をしないとだめです。師匠と平行にとか、離れて移動したくなると思います怖いから。だけどそれが失敗原因になるので中心によりつつさっきの古いピザの辺に向かって最大の角度が取れる移動をします。これで確実に成功します。

これほんとによく考えられてるみたいで、ニセエリアとか1秒判定でないとかでようは未クリア者を視覚的に翻弄するような仕様になってるんだよねいじわるすぎw

でも騙されない目を持てば簡単(*´▽`*)

いやそこそこ簡単(´・_・`)

この方法、間違った方に行った時の対処じゃなくて、吸功されるとき以外師匠が右と左どっちに打つかまったく見なくて済むので、私はもう確認してません。安全地帯が広いほうに歩いてればよくて、もし逆だったらうさピョンするだけで対処できます。

そもそもこのピザが難しいのは目で確認して歩く段階で間に合わない可能性が高いからだと思って、足速くなるスキルあるのも知ってるけど足止めないと出せなかったりするから難しく、剣術士だと一閃で移動することもできるけど、180度近く一瞬で視点回すことや、常に攻撃しないと抜刀姿勢解除されるとかあって私には難しく、もううさピョン無しでは行きていけません(*´꒳`*)

これならだれでもできるし、スキル使ってないからどの職でもできるはず!

そしてジャンプしなくてもいいってとこがこのうさピョン方式のポイントですよw飛ばないとよけれる気しないからいつも飛んでます(*ノωノ)

師匠が教えてくれたこと

というわけでピザが超えれればクリアは問題ないくらい簡単なんだよね。このソロIDで一番師匠がある意味簡単です通常攻撃モードは。

だけどクリアタイムを上げようとすると一気に難しくなります。つまりぎりぎり限界まで攻撃してDPS上げようとか、操作難易度の高いキー操作をして最大DPS出そうとすると一瞬の判断ミスで防御や回避ミスするのと、

ここ通常時の直線範囲攻撃に師匠の後ろにもちょっとあたり判定あるわけですけど、要は剣術士や拳闘士のQ/Eで回り込んだだけだと当たるようになってて、2,3歩ほど後ろに下がるのが必須なんですけど、その歩き操作しながら複数のキーを押さないとDPS出ないんだよね。剣術だとTAB満月斬、4焦熱斬、Zのアレ、そしてVから始まる御剣系のC雪嶺、X御剣連斬などなどで、特にヤンサ秘功牌みんな持ってると思うけどこれで御剣連斬2回押せるから、どんなことあっても押さないといけないし。

師匠の攻撃は単調だけど、こっちが最大DPS出そうとするとすさまじい難易度になるように故意に設計されてます。歩かないとだめなのとあたり判定がスキルによってまちまちなのとかそうだよね。でもそのおかげですごいキー操作に慣れました!そしてそうなりたいと思わせる雰囲気がここにはあります。

そもそもスキル回しよくわかってなくて、それは情報がないからだったけど、この師匠との対戦でいろいろ考えながらやって、一番高いDPSが出る開幕DPSは最初12万程度だったのに、1分レイジュ、御剣系のスキル押し方とタイミング、そしてよく考えたら火属性剣術士って火龍連斬しか大ダメージ出る通常スキル無いからこれを常に出してないとだめなんだよね。御剣系のボタンは4つくらい押さないとだからそれに集中しがちだけど、同時に火龍連斬出してないとDPSはまったくでないことに今頃気づいたのでした。

今は12万の3倍近くの開幕DPS出るようになったのでした。

このID、人によっては最悪と思われるかもしれないんですけどw私も1~3NMは対人っぽいから好きじゃないんですが、4NM師匠は今までのソロIDボスであるジャンバイド、ユクソン、ソサヤンサ、レンファリンの中で断トツで1番好きです。

理由はピザ以外でずっと最大dps攻撃に集中できるからです。もうほんとにそれだけの世界で、無心になれます。いろんなこと考えなくていいくらい慣れれば簡単で、うまく攻撃し続けられるとすごい楽しいし、基本的に1回ミスすると終わりみたいなとこあるけど、そのミスは自分のミスで、意味不明な攻撃のせいじゃないから納得できるんですよね。

ピザはほんとに全部対応できるとは思えなかったけど、自分で動画取って、失敗直後に再生して欠点をみつけるっていう、ジャンバイドのときからやってる方法で今回もなんとかなりました。

ドロップ装飾品

たぶん20回もまだクリアしてないと思うんですけど、早々に装飾出て、

14

服がないとつけることができない超レア装備が先に出るのがなんともいえないとこですけどw

その後服も出たのです!

17

お坊さん衣装だし、布の端に大きい穴空いてるしだけどwうれしい!(*ノωノ)

18

結構すぐでたからもう行く意味があんまりなくなっちゃった(-_-;)

タイムアップについて

初クリア後にすることはタイムアップで、最初5分半くらいだったけど、ここ昔の武神の塔と同じで、火とかでとても近寄れない時に攻撃しないといけないタイプなんだろうなと最初から思ってて、つまりピザ中によけながら中心の師匠に攻撃しないとだめなんだろうなってことで、ピザによほどなれないとそんな余裕はないから後回しにしてきたけど、なんとか頑張って4分半出ました。

15

ところがここ、CPUクロックやネット速度とDPSメーターがなにか関係ないようなふるまい見せてて、たまたまそうなのかと思ってたけど、CPU5.0GHzの時より4.5GHzの時の方がDPSでるとか、ネットが速い時より遅い時の方がDPS出たこともあったりとかで、なにかおかしいなと思いつつ、自分のタイムは毎回4分30秒前後しか出ませんでした。

その違和感が何かわからなかったのですが、原因がわかってそれに対処した結果、同じ装備なのに4分3秒が出たのでした。

16

それについては次回書きたいと思います。

 

動画はこちら!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。